プロミスにおける様々な返済方法

以前の消費者金融では、借入金の返済は店舗へ持参するか、消費者金融の銀行口座へ振り込むしかありませんでしたが、最近はATMやインターネットを利用した返済ができるようになったことで、利便性が大幅に増しています。

 

自宅や勤務先、また旅先からでも時間と手間を掛けすに返済することができます。

 

プロミスの選べる返済方法

 

大手の消費者金融プロミスには何と返済方法が7通りもあり、自分の都合に合わせて返済することが可能になっています。

 

まず、毎日夜遅くまで仕事をしているサラリーマンやOLにとって有り難いのがインターネットからの返済ができることです。

 

インターネットが利用できるとなると、パソコンやスマホ、ケータイから24時間・365日、いつでもどこからでも返済ができることになります。深夜遅く帰った自宅から、残業の合間に勤務先から、旅先の電車の中からの返済も可能です。

 

ネット返済の利用方法はメガバンク3行やジャパンネット銀行、楽天銀行のインターネットバンキングに手続するだけです。しかも、あの高い振込手数料が掛からないという特典付きです。

 

おすすめの簡単な返済方法

 

最も確実で便利な返済方法は何と言っても、自分の銀行口座からの引き落としです。

 

口座引き落としであれば返済を忘れることもありませんし、引き落とし口座を給料の振込口座に指定しておけば、お金の心配をすることもありません。当然、手数料は掛かりません。

 

また、インターネットの扱いの苦手な人には、ATMから返済する方法もあります。ほとんどすべてのコンビニのATMが利用できるので、提携ATMを探すのに苦労するということはありません。

 

ちなみに、ローソンとミニストップにあるLoppiか、若しくはファミリーマートのFamiポートを利用すると、返済手数料が0円になります。

プロミス

実質年率 限度額 スピード
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
無利息融資 総合評価
最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※お申込みの時間によって、当日中のご融資ができない場合があります。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら