プロミスの2通りのWeb申し込み方法

プロミスのネット申し込みでは、2つの方法から選べます。一般的な「フル入力」に加え、入力時の項目数を減らした「カンタン入力」という方法もあります。申し込み手続きに関する手順内容は変わってきますが、どちらの方法で入力をしても審査基準は同じです。

 

いづれもWEBフォームに入力する為、申し込みから契約まですべてインターネットだけで行えます。ただし、カンタン入力に関しては、気をつけておくべきことがいくつかあります。融資をスピーディーに進めるためにも、まず申し込みをする前にきちんと内容を把握しておく必要があります。

 

カンタン入力での基本的な手順

カンタン入力は、ネットでの申し込みの際に入力する項目数を少なくし簡素化している申し込み方法のことです。入力項目を最低限に抑えている為、ネットでの入力には時間がかからずスピーディーです。

 

とはいっても、カンタン入力もフル入力も審査基準は同じなので、入力していない部分の必要情報について、後ほどプロミスから確認の為の電話が入ることになっています。この電話を通して、審査に必要な全ての情報を伝えてからようやく審査が開始されます。

 

一般的なフル入力での申し込みの場合は、入力に不備がなければそのまま審査が始まります。通常プロミスからの電話は、本人確認または審査結果の報告だけとなります。フル入力ではほとんどない電話での確認作業が、カンタン入力では審査開始以前から行われるので、電話でのやり取りは多くなってしまいます。

 

カンタン入力で気をつけておくべきこと

カンタン入力の場合、電話によって審査に必要な情報をより詳しく伝えなければならない為、かかってきた電話の応答ができなかった際は、審査が遅れてしまいます。

 

審査が進まなければ、審査結果を待つ時間も長くなり、初めてのキャッシングがスムーズに進まないといった恐れもでてきます。

 

カンタン入力の利点は、ネット申し込み時の入力項目が必要最低限に絞られていて、手軽に少ない時間でできることです。

 

入力時の手間が省けるという点では非常に便利ですが、申し込み受付後の電話での確認作業できちんと応答できなければ審査が遅れるので、実際にはフル入力の方が融資までに要する時間が短くなる場合もあります。

 

カンタン入力を利用する方の多くが、仕事の合間に素早く済ませられるという点に注目しがちです。ただし、申し込み受付後にプロミスから電話がかかってくるので、仕事が始まってしまい、電話に応答できないなどの事態が発生すると、結果手続きが遅れてしまいます。

 

項目が少なければ入力時の無駄な時間が省けかなり楽に見えますが、その分電話が多くかかってくるので、一般的なフル入力でネット申し込みをした方があまり煩わしくありません。

 

カンタン入力は、確実に電話に応答できる方にはお勧めですが、できるだけ少ない電話対応で申し込みを素早く進めたい方にはフル入力がお勧めです。

 

状況によってフル入力でも確認の電話がある

必要項目を全て入力するフル入力であっても、借り入れ額や審査状況などによってはプロミスから電話がかかってくることもあります。

 

もし申し込みをした後でプロミスかもしれない電話がかかってきたら、フル入力だからといって安心せずにできるだけ素早く電話にでるようにしましょう。

 

フル入力でもカンタン入力でもプロミスの電話にしっかり対応できなければ、審査が伸びて融資までに長く時間がかかってしまいます。プロミスでの素早い借り入れを希望する方は、できるだけ手間のかからない手続き方法を選ぶようにしてください。

プロミス

実質年率 限度額 スピード
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
無利息融資 総合評価
最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※お申込みの時間によって、当日中のご融資ができない場合があります。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら