複数借入を一本化するならオリックス銀行カードローン

借入件数が増える事は、様々なリスクを抱えます。

 

各社への利息負担が大きく、毎月苦しい状況で返済をしてもその多くは利息となり元金がいつまでも減りません。次第に経済的余裕も無くなって行き、返したお金をまたすぐに借りるという悪循環を生みます。

 

結果としていつまで経っても負担は減らず、完済も出来ないという深刻な問題へと発展しかねません。当然、そのような返済を長く続ければ続けるほど完済への道も閉ざされてしまいます。

 

そこでオススメするのが借り入れを一本化するオリックス銀行カードローンの「おまとめ」の活用です。

 

オリックス銀行では他社に借り入れがある場合でも申し込みを受け付けています。

 

シュミレーションで利息を比較

 

(例)消費者金融4社から各50万ずつ借りている場合(総額200万円)※金利は各社17.8%で30日間借入した利息とした場合

 

(50万×17.8%/365日)×30日=7,315円(1社の30日分の利息)

 

7,315円×4 社= 29,260円(4社合計の利息)

 

こうして計算してみると一ヶ月で3万円近い利息になります。この利息分の支払を少しでも減らし、返済に充てられる事が完済への第一歩となります。

 

ここで、オリックス銀行カードローンでまとめた場合の利息額を見てみましょう。オリックス銀行カードローンには利用限度額ごとに金利が設けられています。

 

200万円を借り入れた場合には『金利(年)6.0〜12.8%』という低金利での借り入れが可能となります。

 

金利(年)6.0%の場合→(200万円×6.0%/365日)×30日=9,863円

 

金利(年)12.8%の場合→(200万円×12.8%/365日)×30日=21,041円

 

つまり、借り入れを一本化する事で約20,000〜8,000円の利息が節約される事になります。

 

では、何故このような利息の開きが発生するのでしょうか?

 

実は消費者金融1社から200万円の借入をした場合には実質年利は最大15.0%となり、例に挙げた利率よりも低くなります。少額の借入を複数社で行う事は金利を底上げする原因となり、結果として返済を困難にしてしまっているのです。

 

借り入れを一本化し、余分な利息の払い込みを節約する事でより現実的な完済計画を検討してみてはいかがでしょうか。

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン詳細

実質年率 限度額 スピード
1.7%〜17.8% 最高800万円 最短即日
無利息融資 総合評価
- 87ポイント/100ポイント

※オリックス銀行カードローンはカード発行後、最短即日融資可能

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら