モビットの審査や返済方法、借入条件などサービス紹介

抜群のスピード感!初めての方でも安心して借り入れできるモビット

 

大手消費者金融としての安心感と満足度の高いサービスで人気です。1日24時間いつでもどこでもインターネットで申し込みしてその日に融資が可能※。借入れ・引き出しは全国の提携ATMや、パソコン・携帯・電話から自由自在に行えます。金利も3.0%〜18.0%と低く抑えられており、会員専用サービス『myモビ』などオリジナルサービスも充実していてます!

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし 85ポイント/100ポイント

※14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

ローン会社の中でも大手といえば、なんとなく審査が厳しいようなイメージがありますね。モビットも大手サービスの一つですが、審査基準は甘めか辛めか、どちらでしょうか?

 

 

審査でチェックされるのは?

 

収入の額と安定性

 

モビットの審査において、収入は、なんといっても重要な基準となります。額面の高い低いだけではなく、長期間安定して収入があるかもポイントです。

 

そうすると正社員で働いている人はもちろん有利ですが、モビットではパートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも審査をパスすることは可能です。

 

収入額がまちまちだったりあまりに低かったりすれば別ですが、定期的にある程度の収入があれば、正規雇用でなくとも借り入れができるのです。

 

勤続年数は何年か

 

収入に関して重視されるのは、額面だけではありません。現在の仕事に就いて何年たっているかもモビットが利用者の信頼性を計るポイントとなります。

 

もちろん、勤続年数は長くなるほど高く評価されます。長期間に渡ってひとつの勤務先で働き続けているということは、会社の業績が悪くなってもリストラ対象になりにくいということですから、モビットとしてもお金を貸しても返済できない事態には陥らないだろうと考えるのです。

 

具体的には、5年以上勤続していればまず安心と言えるでしょう。3年ほどではまだ安心材料とはみなされません。勤続1年程度の場合、むしろ不安材料とされることすらあります。

 

他社からの借り入れはないか

 

別の会社から借り入れがある場合、モビットは返済能力に疑問ありとみなします。借入額や件数が増えれば増えるほど審査にパスするのは難しくなります。

 

モビットは大手のローン会社とはいえ、審査基準そのものは一般的な消費者金融業者と変わりません。

 

なお、モビットの公式ウェブサイトには、審査シミュレーションのサービスがあり、自分が審査基準に達しているかどうか簡単に診断を受けることができます。詳しい基準を知りたい方にはおすすめです。

 

モビットカードローンについて知ろう

 

モビットでは、カード申し込み対象を、安定した収入がある20歳以上69歳以下の人と利用規約に規定しています。

 

銀行でクレジットカードを作ろうとすると、非正規雇用で働く人には審査が厳しく、敷居が高く感じられるのですが、モビットカードローンならばパートやアルバイト、派遣社員といった雇用形態で働いている人のほか、自営業者でもモビットの定める基準をクリアすれば問題なく利用できます。

 

モビットカードを申し込むには

 

モビットのカードを作るには、いくつかの方法があります。街中で見かけるローン申込機なら、タッチパネルを使って必要な事項を記入していくだけで、簡単な審査結果が表示され、問題なければ続いてカードが発行されます。

 

詳細な審査結果はモビットから電話で連絡があり、利用者がOKすれば利用開始となります。入会申込書は別途記入し、モビットへ郵送します。

 

また、電話で申し込んだり、記入済みの申込書を送付する方法もあります。カードはローン申込機でも郵送でも受け取ることができます。

 

パソコンやスマートフォン、携帯電話からなら、1年中いつでもどこでも申し込むことができます。カードの受け取りは、電話申し込みなどと同じく、ローン申込機か郵送かを選ぶことができます。

 

パソコンで申し込んだ場合は、カードを持たずにWebで手続きを完了することもできます。この方法は、詳細な審査結果もメールで通知されるため、書類を返送する手間がありません。

 

また、カードなしでの利用となるため、カードの発行を待つこともありません。電話や郵便を使って書類を送ったり連絡をしたりということがありませんので、時間のない人には人気のアルサービスです。

 

準備する書類は

 

本人確認のための書類として、運転免許証や健康保険証、パスポートと言った公的な身分証明書を用意しましょう。

 

また、収入を証明できる書類を要求されることもあります。源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、税額通知書など、あれば準備しておきましょう。また、最近2ヶ月分の給与明細もあると安心です。

 

借入金の受け取り方法

 

お金は口座振り込みかATMで

 

借り入れたお金を手にするには、自分名義の口座に振り込んでもらうほか、提携ATMでキャッシングを利用する方法もあります。申し込み方法には、パソコンやスマートフォン、携帯電話のサイトの利用と、電話での申し込みがあります。

 

いずれも手続きは簡単で、口座振り込みなら最短わずか3分で振り込まれるので便利です。提携ATMも全国各地の銀行やコンビニにあるため、必要な時に場所を問わずに利用することができます。

 

急に現金が必要になったら

 

モビットカードは持っていないが急に現金が必要になった場合、最短30分で会員登録を済ませることができます。申し込みはモビットのWebサイトから行います。パソコン、スマートフォン、携帯電話のいずれからでも可能です。

 

必要事項を記入して申し込みを完了すると、フリーダイヤルの番号が表示されますから、ここに電話すればすぐに審査をしてもらえます。審査の結果が出次第、電話で通知が来て、会員登録をすることができます。

 

カードの受け取りをローン申込機でするようにすれば、受け取り後すぐにATMでのキャッシングができます。また、当日中に口座に振り込んでほしい場合は、振り込み手続きを14時50分までに行えば大丈夫です。

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし 85ポイント/100ポイント

※14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

これからもモビットのようなキャッシングサービスを利用する人は、わからないことだらけで不安もあるでしょう。金利や返済方法など様々な不安があると思いますが、やはり審査についてが一番気になるのではないでしょうか。キャッシングサービスの利用になれている人でも審査というのは一種の緊張感があります。まだ一度も利用したことがない人というのは、審査ではどのような点がチェックされるのかわかりませんし、より不安も大き...


まだモビットを利用したことがない人は、自分がきちんと審査に通るのかどうか心配な人もいるでしょう。消費者金融の審査なんて、実際にはそんなに警戒するものでもないのですが、なぜか緊張してしまいますよね。三井住友銀行グループの会社のモビットは、なんとなく審査が厳しそうなイメージがありますが、審査に落ちることを怖がっていても仕方がありません。もちろん無条件にすべての人が審査に通るなんてことはありえませんが、...


モビットからは郵送物が送られてくることはありません。だから、誰にもバレずに審査を受けられます。郵送物なしというのは、モビットの魅力の1つです。キャッシングに申し込むと、審査後の契約書やカードは郵送で送られてくることがとても多いです。その為、いざキャッシングの利用を開始しようという段階になって家族にバレてしまうことが珍しくなかったのです。ところが、モビットでは完全に郵送不要でキャッシングの利用を開始...


使いやすいことで評判のモビットでも、場合によっては審査に落ちることもあります。ですがこの場合、考えられる理由は大きく分けて2つです。モビットの貸付条件を満たしていない借り入れ希望金額が大き過ぎるさて、この2つの理由の中でも、意外と多いのが後者の「借り入れ希望金額が大き過ぎる」というものです。モビットから借りられる最大の金額は、年収の3分の1までです。しかしこれは最大値であり、この範囲の中でもモビッ...


複数の金融機関からの借り入れを一本化することで、債務者の返済はかなり楽になることがあります。これは一般的におまとめと呼ばれている商品を利用する方法ですが、モビットの場合、全ての商品がフリーキャッシングという扱いになっています。その為利用目的を問わない性質を持っており、おまとめとしての利用でも比較的使いやすい傾向があるのです。モビットで借り入れを一本化する場合、借り入れ件数や合計金額によって審査結果...


モビットからの融資枠は、まずは最初の審査の時に決まります。ここで融資の可否の連絡と同時に融資金額が知らされ、その金額の中でなら何度でも借り入れができるという仕組みになっているのです。モビットの融資額モビットからの融資額は、審査の結果で決まります。その為最初の利用の時には少し小さ目の限度額になる傾向がありますが、その後の利用状況などによっては増額の可能性も充分にあると言えます。特に、きちんと返済を続...


電話連絡を使わずに対応出来ます。通常のケースでは借入時の審査には電話での本人確認等が一般的ですが、モビットでは電話や郵送物を使わない「web完結申込」というサービスがございます。電話を使わないweb完結申込この「web完結申込」とは電話や郵送物などを使わずにインターネットのみで借入が出来て、すでに三菱東京UFJ銀行の口座を持っていればカード発行も無いので、申し込み後にコンビニなどでお手持ちの口座か...


以前は借入には郵送物などでの確認が絶対に必要で家族に見つかってしまうという苦情が多く寄せられましたが、現在は三菱東京UFJ銀行の口座と保険証などの身分証があればすぐに借入が出来るweb完結申込というモビット独自のサービスにより大幅に申し込み手続きが簡略化され評判がどんどん良くなりました。web完結申込みを利用するにはweb完結申込みを利用するには三菱東京UFJ銀行の口座が必要になります。もし開設し...


モビットでは1〜800万円までの融資を受けることが出来、これは金融会社の中でも相当高額な部類に入るモビットですが実際に受けられた人はあまり多くないようです。具体的には50万円以上の融資となると審査に通りにくくなって借りられなかったという意見がかなり多いです。50万円以下の場合は基本的には審査も早くスムーズに借りることが出来ますが、50万円以上になると途端に審査に落ちたりローンのための融資も出来なく...


やはり最初に申し込みをしようと思ったときに気になるのは審査に通るかどうかや審査の基準はどうなのか等だと思われます。普通、消費者金融での審査基準はそれぞれで独自に決めており外部には公表していません。そのためどの会社も一度審査を受けないと分からないのが現実です。一応自分で見直しする箇所はまず、モビットの申し込み基準をクリアしていること、希望する借入限度額が法律を守っていること、自分よりおそらく下の評価...


キャッシングは審査に通過すればひと安心といったところですが、それではいざ借入れを申し込んだ時に、上限金額は幾らなのかをご存知ですか?借入れ上限金額について借入れ上限金額は、金融会社により、あなたの年収・他社から借入をしている場合で異なります。自動契約機及び簡素化された書面審査で無担保融資として初めて借入れをする際には「限度額は50万円以下或いは年収の1割まで」と決まっているのです。良く知られている...


モビットは、大手、三井住友銀行グループの会社です。しかし初めてキャッシングを利用する人にとっては消費者金融と聞くと不安なイメージですよね。初めてキャッシングする人にとって、不安となる要素はやはり金利に関することです。「この金利は高いのでは」「返済する前に金利が増えてしまうのでは」など、人には相談しにくい悩みが尽きません。このような不安を取り除く為にも、ここでモビットの金利について説明します。モビッ...


一昔前、消費者金融がまだ「サラ金」と呼ばれていた時代は、「消費者金融に足を踏み入れることに何か後ろめたさを感じる」という人が少なくありませんでしたが、現在では大手の消費者金融はほとんどが都市銀行のグループになっているので、イメージが大分変わっています。その一つが三井住友銀行グループのモビットです。竹中直人と桃井かおり(現在は夏菜)のテレビCMの影響もあって、利用者が大幅に増えています。以前の消費者...


モビットからお金を借りれば当然返済をしなくてはなりません。もし、返済が滞ると利用者は金銭貸借契約における「期限の利益」を喪失することになり、モビットは利用者に対して借入残金を一括して全額返済するように請求できることになります。ただ、通常はすぐにそのような手段を取ることはなく、モビットを含め消費者金融では支払いの催促の連絡をしています。そこで、どうしても返済が遅れるようなら、利用者の取るべき最善の手...


モビットでは利用者に対し色々なサービスを提供していますが、その一つに自動契約機があります。通常、平日や土・日曜、祝日とも8時から21時まで利用できるようになっており、申込んでからすぐにカードを手にできたという口コミも多いようです。ただ、カードを使ってお金を借り入れるのは、本審査に通過した連絡が来た後からになります。インターネット専用のキャッシングサービスまた、モビットの特徴になっているのが「WEB...


モビットに申込むと、審査において借入の上限となる利用限度額が設定されます。利用限度額は利用者個人に対する与信によって決められるので、利用者の希望通りに設定されるわけではありません。利用者の年収や職業、他社からの借入など、すべての信用情報を考慮して決められています。また、初めての契約では低めの金額に設定されるのが一般的です。利用限度額を増額させるにはただ、利用限度額というのは契約時の設定のままという...


モビットでの借入方法は、インターネットを利用したものとなっています。したがって、わざわざ店舗などに出向かなくても自宅で申込みできるので簡単なところが特徴です。審査に通るかどうか心配だという人には、審査シミュレーションがありますので、利用してみると良いでしょう。アルバイトの人などは審査に不安があるかもしれませんが、大丈夫です。パートや自営業者でも借入することができます。(※安定した収入がある方)審査...


モビットは金利がやや低く設定されているところが魅力的なカードローンです。一番の特徴はWEBから申し込みができるというところでしょう。さらに、必要な連絡などはメールを通じて行われます。自宅に郵便物が届くと利用していることが家族などに知られてしまいますが、このようなメールを通じた連絡であればその心配がありません。また、電話連絡なしとなっていますので、周囲に知られることなく秘密に利用したいという人にはウ...


どうしてもお金が必要になったというときには、カードローンを利用するという選択肢もあります。では、モビットのカードローンを利用する際のメリットについて説明します。モビットは、インターネットを利用して申込みでき、借入することができるという点がメリットです。手続きが自宅でできるので、店舗に行く必要がありません。また郵便物のやりとりはなく、メールを利用します。審査の早いモビットのスピードを更に早くするこれ...


業界最速水準のカード発行モビットは、インターネットを利用した申し込み方法を開発し、業界最速水準のスピードで発行できるという仕組みが強みとなっています。インターネットだけで借入まで可能となっているので、非常に便利です。電話や郵便物のやり取りもないので、とても簡単です。返済には口座振替を利用することができるので、うっかり忘れて滞納してしまうなどのことを心配しなくても良いです。入会金や年会費といった費用...


モビットのインターネット申し込みの特徴は「電話連絡なし」ということです。他のカード会社ですと、借り入れをする側の人が本当にその会社に勤務しているのかを確認するために、在籍確認が行われます。本人が電話を取らなくても個人名で連絡をしてくると、場合によっては周囲の人にカードの申し込みをしたことがバレてしまう恐れがあります。しかしモビットでは電話連絡がないので安心です。審査結果はメールで送られてきますし、...


緊急時の借り入れを行いたいとき、モビットを利用してみてください。モビットは金利が非常に低いのが特徴です。金利プランも8つ用意されており、年利3.0%からなので、個人負担額が少なく済みます。そして「Web完結」というシステムが最大の特徴。これはインターネット上だけで全ての手続きが完結してしまうという夢のようなシステムです。電話連絡なし!他社で申し込みを行う場合、会社や自宅への在籍確認が行われています...


モビットのおまとめは限度額は1〜800万円でスピード審査という2大特徴があるので、複数先からの借り入れをモビットで一本化したいとお考えの方もいらっしゃることと思います。モビット自体におまとめローンという名称の金融商品はないのですが、フリーローンであることからおまとめとして利用できます。モビットでおまとめをしたいとお考えならば、申請のときにきちんと連絡をしましょう。おまとめの利用ははっきり伝えるおま...


モビットは全ての申請をネットだけで完結させることができます。「Web完結」というシステムがそれで、どこの申し込み方法よりも短時間で済みます。これまでは書類を送ったり在籍確認をしたりと面倒な手続きをしなければならなかったのが、インターネットの登場により、その時間を思い切り短くすることができるようになりました。魅力的なのモビットの金利モビットは年利3.0%〜18.0%という業界でも低い金利が魅力であり...


総量規制という言葉をご存知でしょうか?銀行のカードローンは規制対象外なので関係ないのですが、モビットなど消費者金融のカードローンを申し込む際には理解しておかなければならない規制です。お金を貸す際の総量規制具体的には、金融業者が顧客にお金を貸す際に、その総額が顧客の年収の3分の1をこえてはいけない、と決められています。例えばあなたの年収が600万円だとしたら、いくつかの消費者金融でお金を借りたとして...


思っていたよりカンタンでした 借入れ額:10万円給料日前でお財布がピンチだった時、いとこの結婚式に招待されていたのをすっかり忘れていたためやむを得ず利用しました。消費者金融ということでやはり最初は抵抗感が大きかったのですが、Web上で手続きが完了し、割と簡単に借り入れをする事ができたのでとても助かりました。 カードが送られてきてATMでとなるとやはり少し面倒だし、一度きりの利用と決めていればやはり...