ローン審査で勤務先への在籍勤務が行われるのが気になります。

質問 アイフルにローンの申込をしました。審査上の手続きとして、勤務先へ電話で実際に在籍しているかどうかの確認があると聞きました。勤務先への在籍確認は必ず行われるものなのでしょうか。

 

答え  どのローンであれ、勤務先への電話による在籍確認は、ローン審査における基本的な手続きの一つです。ただし、申請用紙に記載された内容や提出された書類などから、勤務事実が適切に確認されるものに関しては、在籍確認が行われないこともあります。電話による在籍確認を行うか否かという選択は、各ローン会社に任せられます。

 

審査の手続きとしての在籍確認に関しては、勤め先にローンの申請をしているということがばれてしまうのでは、と心細く思っている方もあるようですが、実際の在籍確認では、ローン会社を名乗って電話してくるようなことは一切ありません。電話をかける際には、個人名を用いて行い、用件もご本人以外には決して知らせませんので、在籍確認について杞憂する必要はありません。

 

アイフルの在籍確認、このような点に気をつけています。

 

1 在籍確認の電話をかける時間帯
2 個人名を用いて、あたかも取引先あるいは友人のごとく電話する。
3 電話をかける人間の性別も個々の申請に応じて変える。

 

勤務先への在籍確認は、カードローンだけでなく、一般的なクレジットカードの申請の場合も行われています。カードローンの申請だから神経質になるだけで、在籍確認といった場合、クレジットローンの場合ももちろんあるわけです。

 

在籍確認で電話を入れたけれども、本人が出先に出ていた場合など、たとえ申請者本人と話しが出来なくても、申請者本人がしかとその勤務先に勤めているということが確認できれば事足りるわけですので、それで確認が終了している場合もあります。

 

正社員以外の方の在籍確認

 

パートやアルバイトなどの正社員でない方に対しても、勤務先の確認のため在籍確認の電話はかけられるのが普通です。

 

職場の同僚になんと言おうと気を揉んでいる方は、職場で誰かに聞かれたときのために、あらかじめなんらかの答えを用意しておくと、それだけで気分が楽になります。

 

クレジットカードを申請したので、と言ってもいいかもしれません。とにかく何と答えるかを頭の中でシュミレートしておくと、いざというときに焦りません。

 

なぜ在籍確認を行うのでしょうか。

 

カードローンは無担保で保証人を付けることなく、借入れ最高限度額までを融資するわけですので、申請者の支払い能力について伺うのは当然といえます。

 

支払い能力とはすなわち勤務先から一定の安定した収入があることを意味しますので、申請のときに記載された職業に実際に付いているか、勤務しているかということを確認させていただくのが、電話による在籍確認です。

 

アイフルは老舗の大手の会社ですので、もちろん申請者の方がまずい立場に立たされるようなことは行いません。在籍確認に当たる担当者はその辺の事情についてはよく把握していますので、心配する必要はありません。

アイフル

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
3.0%〜18.0% 最高800万円 最短30分 最大30日間 86ポイント/100ポイント

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら