アイフル申し込み時の書類の種類や提出方法、転出のタイミングも紹介

アイフルの自動契約機や窓口で融資をお申し込みの際は、本人確認書類とその他必要書類を忘れず持参しましょう。

 

インターネットから申し込み・契約を完了させた場合でも、後からFAXなどの方法で必要書類を送付することになります。

 

具体的にどんな書類が必要なのか見ていきましょう。

 

本人確認書類

 

アイフルは他の金融会社よりも、本人確認のために有効な書類を幅広く受け付けているのが特徴です。その中でも最も提出が簡単な本人確認書類は以下の3種類です。

 

・ 運転免許証
・ 健康保険証
・ パスポート

 

その他にも、住民基本台帳(顔写真が貼付されたもの)、公的証明書(顔写真が貼付されたもの)、外国人在留カード、特別永住証明書、外国人登録証なども本人確認書類として認められます。

 

現住所と書類記載の住所が異なる場合は、現住所確認のため、携帯電話以外の公的料金の領収証、住民票、印鑑証明書の中から1点を提出する必要があります。

 

高額融資による必要提出書類

 

アイフルでは50万円以上の融資を希望される場合、または他社の利用分と合わせて100万円を超える融資を希望される場合は、収入証明書の提出が求められます。以下の書類の中から1通を選んでコピーし、提出して下さい。

 

1 源泉徴収票
2 給与明細書(直近の2ヵ月分が記載されているもの)
3 住民税決定通知書
4 確定申告書
5 所得証明

 

ただしアイフルへの申し込みは、アイフル以外の業者からの借入件数が約1〜3件までの範囲になります。この範囲内であれば審査通過後に利用できるようになりますので、アイフル1秒診断で申し込みが可能かどうかチェックしてみて下さい。

 

必要書類のコピーは鮮明に

 

必要提出書類をコピーする際は、住所や名前がはっきりと肉眼で確認できるようにコピーしましょう。書類が不鮮明で読み取りできない場合は再提出が求められますので、この点には注意が必要です。

アイフル

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
3.0%〜18.0% 最高800万円 最短30分 最大30日間 86ポイント/100ポイント

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら