会社員・派遣・アルバイトなど雇用形態は審査にどう影響する?

消費者金融を利用するためには、安定した収入が必要となっています。そのためアイフルに申し込む際には「雇用形態」という項目が存在します。

 

「正社員」「派遣社員」「出向社員」「契約社員」「パート・アルバイト」「社長・代表者」「嘱託社員」「期間契約・臨時社員」と細かく選択肢が用意されています。

 

 

アルバイトでも審査には通る

 

アルバイトというのはあまり収入が多くないという傾向がありますが、アイフルの場合にはアルバイトやパートでもお金を借りることができます。主婦やフリーターの方であってもきちんと安定した収入があれば問題がありません。年収が50万円や100万円程度であっても、審査に通ることができるので安心してください。

 

もちろん年収に応じた借入しかできませんが、少額の利用であってもアイフルにとっては大事な顧客ですので問題はないのです。複数のバイトを掛け持ちしているという人も少なくないと思いますが、そういった人は収入を合算して申し込みましょう。

 

非正規雇用でも審査に通る

 

派遣や契約社員といった雇用形態は、一般的に正社員よりも不安定だとみなされていますが、アイフルではこういった方たちでもお金は借りられます。

 

もちろんあまりに働き始めてからの期間が短い人は不利になると思いますが、1年以上働いていればまず問題はないでしょう。さらに社会保険にきちんと加入しているのであれば、さらに審査に通る確率は高くなります。高額融資は難しいかもしれませんが、それなりの金額であれば審査に通ると思います。

 

やっぱり正社員が一番

 

やはり一番評価の高い雇用形態は正社員でしょう。派遣や契約社員といった非正規雇用はもちろん、社長のような経営者よりも安定していると評価されます。

 

年収もアルバイトや派遣社員と比べると高い傾向がありますので、比較的高額の融資をしてもらうことも可能となるでしょう。ただし借りやすいからといって、他の金融機関から複数の借入がある場合にはマイナスとなってしまうのでそこだけは注意してください。

 

1件でも他のところから借りているとダメかというとそんなことはなく、3件程度までであればアイフルならなんとかなるようです。

 

どんな人でも条件次第では借りられる

 

アイフルとしては貸したお金を返してもらえればそれでいいわけですから、どんな雇用形態であってもきちんと収入があればお金は貸してもらえます。ただし雇用形態によって信用度や年収が違いますから、自分がどれぐらの条件を満たしているのかをよく知ることが大切となります。

 

高望みはしすぎずに収入に見合った借入金額を申し込むことが大切だということです。もし審査に通るのか気になる人は、アイフルのウェブサイトから1秒診断を試してみましょう。

アイフル

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
3.0%〜18.0% 最高800万円 最短30分 最大30日間 86ポイント/100ポイント

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら