アイフルの自動契約機なら誰にも合わずに借入可能

アイフルの自動契約機てまいらず

 

アイフルの自動契約機の「てまいらず」は、電話を利用しながらその場で申し込み、カードの発行が可能です。
そこで今回は、てまいらずの申し込み方法や借入方法など詳しく解説します。

 

誰にも会わずに契約をしたい
すぐに借入がしたい

 

といった方はこれを読めば、てまいらずを利用して即日融資を受けることもできるはずです。ぜひ読み進めてみてくださいね。

 

自動契約機(てまいらず)の特徴

てまいらずの室内

 

カードローン会社の多くは自動契約機を設置しています。

 

アイフルには、自動契約機としてBOX内にある電話を使うだけでその場でカードを発行することができる「てまいらず」があります。

 

てまいらずの特徴は以下の5つです。

 

  • 電話での申し込み
  • 「てまいらず」ですべての手続きが完了
  • その場でカードの発行が可能
  • カード発行後は提携ATMから借入が可能
  • 営業時間も8:00〜22:00までと仕事帰りでも利用しやすい

 

他社の自動契約機では、タッチパネルを利用して申し込みますが、アイフルの場合タッチパネルはありません。

 

全て電話で申し込むことができるので、タッチパネル操作が苦手な方でも楽に申し込むことができるのです。誰にも会わずに済ませたいという方には、メリットが大きいでしょう。

 

また、電話で担当者がスムーズに手続きを終えることができるよう、口頭でひとつひとつガイダンスしてくれます。これは通常有人での契約の特徴でもあり、メリットです。

 

いい意味でのアナログ感が申し込みやすいてまいらず

手続きの仕方に不安がある、説明を聞きながら手続きをしたい、けれど誰にも会いたくないといった方には、うってつけの申し込み方法ではないでしょうか。

 

また、わからないことがあったらすぐに聞くことができるのも特徴のひとつでしょう。

 

てまいらずの特徴として、「有人契約と無人契約のいいとこ取り」といっても過言ではないでしょう。

 

アイフルの自動契約機(てまいらず)での借入の流れ

自動契約機てまいらずの利用方法

 

  1. 必要なものを準備
  2. 申し込み
  3. 審査
  4. 借入

 

次は、てまいらずを利用した場合の借入について解説します。

 

申し込みから借入までの流れをご紹介するので、ぜひ読み進めてくださいね。

 

てまいらずでのカード発行までの流れとしては4ステップあります。

 

  1. 必要書類などの準備
  2. 申し込む(てまいらずを利用)
  3. 審査
  4. カード発行(借入)

 

それぞれのステップごとに詳しくご紹介します。

 

必要なものを準備

てまいらずを利用して申し込む場合は、事前に申し込みに必要なものをそろえましょう。

 

てまいらずでは、申し込みから審査、契約、カード発行といった借入に必要なステップをすべて行うことができます。そのため、必要書類等の準備は不可欠です。

 

必要な書類は、本人確認書類と収入証明書です。

 

収入証明書に関しては、希望する借入限度額が50万円以下の場合は必要ありません。

 

まずは、本人確認書類から見ていきます。本人確認書類は以下の7つから選びましょう

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類
  • 個人番号カード

 

もし確認書類の記載住所と現住所が異なる場合は、以下の書類も必要です。

 

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 母子健康手帳  
  • 公共料金料収書(直近2回分、領収印があるもの)
  • 住民票、納税証明書、印鑑登録証明書など(発行日より6か月以内のもの)

 

基本的に本人確認書類としては、顔写真つきのものが望ましいです。

 

もし用意できない場合は、以下の表を参考にしましょう。

 

A 健康保険証・年金手帳・母子健康手帳
B 戸籍謄本(抄本)・住民票・住民票記載事項証明書
C 公共料金領収書
Aから2点  例)健康保険証+年金手帳
Aから1点とBもしくはCから1点 例)健康保険証+住民票もしくは公共料金領収書

 

次は収入証明書です。

 

収入証明書の提出条件としては、以下の3つがあります。

 

  • 利用限度額の希望が50万円以上である
  • 他社からの借入との総額が100万円をこえる
  • 審査に必要だと判断した場合

 

たとえ50万円以下の限度額を希望していたとしても、審査によっては提出を求められる可能性もあります。

 

そのため、より確実にカードを受け取るには、収入証明書を持って行きましょう。

 

収入証明書類としては、

 

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

 

以上の5つのいずれかが必要になります。

 

直近2ヶ月分を原則とし、賞与がある場合は1年以内の賞与明細書も用意していきましょう。

 

申し込み

てまいらずの申込書記入スペース

 

自動契約機と聞くと、ATMが設置されているイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

 

てまいらずに入ると、設置されているのは、電話・カード発行機・スキャナーといたってシンプルなものです。

 

自動契約機ではなく無人契約ルームと呼ばれているのはこのせいでしょう。

 

そして、申し込み時に利用する「申し込み用紙」と「大切なお知らせ」があるのを必ず確認しましょう。

 

申し込み手順としては、以下のような流れになります。

 

  • 入出後、ドアが自動ロックされる
  • BOX内の電話でオペレーターから説明を受ける
  • 申込用紙の記入
  • 申込用紙と必要書類のスキャン
  • 担当者からBOX電話に申込確認連絡が入る

 

てまいらずに入店した段階で、自動的にドアがロックされます。驚かれる方もいますが、他の方が入ってきてしまうといったトラブルを防ぐには重要なことです。

 

もし申し込みを止めるといった場合は、手動でロックを解除できるので心配ありません。

 

申し込み書類や大切なお知らせを確認できたら、電話を使って申し込みを開始しましょう。

 

受話器を取り「1」ボタンを押し、ガイダンスに従うだけで担当者へつながります。

 

担当者の指示に従って申し込み書記入し、必要書類と申し込み書をスキャナーで読み取ります。

 

その後、担当者から申し込み確認などの連絡が入るので電話が鳴るのを待つだけです。

 

もしなんらかの理由で筆記が難しい場合は、口頭でも申し込むことができるので担当者にその旨を伝えましょう。

 

審査

審査中も外からは見えないので安心

 

てまいらずで申し込んだ場合の審査の特徴としては、以下の2つがあります。

 

  • 最短30分で審査完了
  • 審査通過の場合カード発行

 

審査内容としても、他の申し込み方法と同様です。てまいらずだからといって特別甘い・厳しいということはありません。

 

申し込み書類と必要書類をスキャンした後は、アイフルの方で信用情報の確認や在籍確認がされます。

 

信用情報は、個人の今までのクレジットカードや他社のカードローンなどを利用した履歴です。

 

返済状況が記載されているため、過去に滞納などをしている方は審査に通らない可能性もあります。

 

また、信用情報から他社での借入金額も確認が可能です。

 

そのため同時に収入の3分の1しか借入をさせてはいけないという総量規制の確認もされ、それに引っかかると借入は難しいでしょう。

 

在籍確認という勤務先への確認の電話

アイフルですと名乗らずに、「○○ですが、◇◇さんはいらっしゃいますか?」と個人名で連絡が入るのでカードローンに申し込んだことは、知られることはないでしょう。

 

てまいらずで申し込んでいる以上、勤務先で連絡を受け取るのは難しいのでは?と疑問に思うかも知れません。

 

在籍確認をされたときに、「◇◇は外出中です」と答えられるだけでも、在籍OKとされます。

 

注意してほしいのが、勤め先部署がいくつもあるような大きな会社の場合です。

 

大きな会社であれば、申し込み用紙にできるだけ自分が働いている部署や自分の在籍を常に確認できる番号を記載するようにしましょう。

 

受付などへ連絡がいくと、在籍の確認取れずに審査に落ちてしまうこともあります。

 

借入

無事審査に通過すると、再度設置されている電話に連絡が入ります。

 

そこで契約内容の確認がされるため、疑問があれば解消するなどをするといいでしょう。問題がなければ、これで完了です。

 

手続きが完了すると、カード発行機からカードが発行され借入ができる体制が整います。借入方法としては以下の3つがあります。

 

  • アイフルATMからキャッシング(ATMが併設でない場合もあり)
  • 提携ATMからキャッシング(手数料)
  • 口座振込

 

口座を事前に登録すると、口座振り込みでの借入も可能です。

 

一度口座を登録すると、2回目以降はネットからの借入申し込みもできるので大変便利です。

 

提携ATMの中には、

 

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローンATM
  • 三菱UFJ銀行
  • コンビニATM net

 

といった、利便性の高いATMも含まれます。

 

ただし気をつけなくてはいけないのが、提携ATMを利用すると手数料が発生するということです。

 

提携ATM手数料に注意

提携ATMを利用した場合、手数料が発生しすべて負担しなくてはいけません。

 

  • 1万円以下・・・108円
  • 1万円超・・・216円

 

借入・返済ともに手済料が発生してしまいます。特に借入時の手数料は、次回返済日に精算することになるため注意しましょう。

 

もし近くにアイフルのATMがあるのであれば、手数料が無料のためそちらの利用をおすすめします。

 

WEBと自動契約機(てまいらず)を組み合わせて即日融資をスピーディーに

時間がないからもっと早く契約を済ませたいという方は、WEBとてまいらずを併用するという方法があります。

 

WEB+てまいらずでの申し込み方法
  1. WEBから申し込む
  2. フリーダイヤルへ連絡(0120-337-137)
  3. 審査結果を受け取りてまいらずへ
  4. 必要書類をスキャン
  5. カード発行機でカードを受け取る
  6. アイフルのATMを利用する

 

どうしても急いでほしいといった方は、優先して審査を受けることができるフリーダイヤルを利用しましょう。

 

WEBで申し込み後、フリーダイヤルへ連絡すると通常よりも早く審査結果がでるので、時間の節約が可能です。

 

またWEBを利用すると、すき間時間で申し込みが完了するのはうれしいですね。

 

電車の中や、てまいらずへ向かう道中、仕事の昼休みなどに済ますことができます。

 

てまいらずでの申し込み用紙に記入といった手間も省けるのでおすすめです。

 

てまいらずのそばにはアイフルのATMが設置されていることが多いです。すぐに借入をしたいという方には大変便利ですね。

 

即日融資の注意点

カードローンを初めて利用する方の多くは、即日融資を検討されます。家賃の延滞など今すぐ、お金を必要としているケースが多いからでしょう。

 

また、必要な日に融資をうけた方が、事前に借入をするよりも利息が少なくて済むというメリットもあります。

 

他社のカードローンはもちろん、アイフルも即日融資が可能とされています。

 

てまいらずで申し込む場合の即日融資には、要点が4つあるので申し込む前に確認しておきましょう。

 

  • 振込融資の場合は平日14:00までに審査・振込融資の申請を終わらせる必要がある
  • 借入が決定しているのであれば、カードのみを発行しておくことも検討
  • ATMであれば23:00まで借入が可能
  • 融資が可能か、1秒診断を受けてみる

 

てまいらずの場合、その場でカードの発行が行われるので、即日融資が可能です。

 

てまいらずの営業時間内に手続きが済むよう、遅くても1時間前には申し込みをしておく必要があります。

 

しかし、借入方法の選択によっては即日融資ができない場合があります。

 

即日融資を受ける方法としては、

 

  • ATMでの借入
  • 振込融資

 

の2種類があります。

 

ATMでの融資の場合、近くのアイフルATMもしくは提携ATMでの借入が可能です。

 

ATMによって営業時間が違うので確認が必要ですが、アイフルのATMであればてまいらずの近くに設置されていることが多いです。

 

そして、てまいらずの時間よりも長めに営業しているのでカードの発行さえできれば、即日融資も簡単にできます。

 

しかし振込融資の場合は、申し込み時間によって即日融資を受けることができません。

 

振込融資は、基本銀行の営業時間内が目安であり審査や振込口座の指定などといった手続きが、14:00を目安に完了していることが大切です。

 

振込融資の場合は、WEB・電話での申し込みができます。

 

また、借入が決定しているのであれば、カードのみを先に発行しておくのもいいでしょう。

 

カード発行が完了していれば、当日に借入の手続きのみで即日融資を受けることができます。

 

そして、当日に融資を受けたい場合は、時間の無駄にならないように審査の目安としてアイフルが提供する1秒診断を受けておくのもおすすめです。

 

実際の審査には在籍確認や信用情報の確認があるため、1秒診断が必ず正しいわけではないですが、希望融資額などを合わせて審査通過が可能かどうかの目安として確認しておくといいでしょう。

 

WEB申し込み+てまいらずでカード受けとり

 

自動契約機(てまいらず)に関するQ&A

無人契約ルームてまいらずのなんでもQ&A

 

今まで「てまいらず」の利用方法や申し込みまで詳しくご紹介しましたが、中にはいろいろな疑問を持った方もいるのではないでしょうか。
次は、てまいらずに関した疑問についてお話します。

 

土日も利用できるのかなど詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

土日にも利用できますか?

てまいらずは、土日祝日問わず8:00〜22:00までと夜遅くまで営業しています。

 

ショッピングやお出かけ時になど利用しやすいですね。
お金が必要になりやすい土日祝日に即日融資が受けられるのも、急な出費に対応しやすくて便利です。

 

 

審査が終わるまで外に出ることはできないのでしょうか?

てまいらずの無人契約ルームへ入ると自動でロックがかかる仕組みになっています。
そのため契約の最中はだれも中には入れません。

 

とはいえ、鍵は内側から開けることができます。
申し込みが完了しカードの発行後であれば全く問題ありませんが、審査途中での退室は担当者への連絡が必要になります。

 

万が一、退室中に他の方が入室してしまった場合、発行されたカードを受け取ってしまう可能性もあります。
防犯上の上でも、必ず担当者に連絡をいれましょう。

 

おまとめMAXやファーストプレミアムローンなども申し込みできますか?

複数社から借入をしている場合、まとめて1本化することによって利息や月々の返済金額を抑えることができる商品として、アイフルは「おまとめMAX」を提供しています。

 

おまとめMAXを利用したい場合は、担当者に相談することで申し込みが可能です。

 

また、はじめてアイフルを利用するといった方向けのローンとして提供している、「ファーストプレミアムローン」も受けることができます。

 

23歳以上であれば金利も9.5%で最大30日間利息が0円という、通常の契約に比べて大変お得な初回特典なので、申し込みの際に必ず担当者に伝えましょう。

 

てまいらずで申し込んでカードレスも可能?

アイフルでは、カードレスでの融資も可能です。

 

しかし、WEB申し込みの方のみの機能で、てまいらずを利用した場合はカードの発行は必須になります。

 

しかし、カードを利用しない借入の方法があります。

 

アイフルの公式アプリを利用すると、365日24時間セブン銀行のATMでの借入が可能です。

 

もしカードを持ち歩きたくない、カードを利用したくないという方は、WEB申し込みもしくは入会後アプリを利用しましょう。

 

 

自動契約機比較!アイフルのてまいらずVSアコムのむじんくん

むじんくんとてまいらずを比較

 

自動契約機を設置しているカードローンは多いですが、どのカードローンにどんなメリットがあって、デメリットがあるのか中々判断するのが難しいのではないでしょうか。

 

そこで、人気のカードローンアコムの「むじんくん」と「てまいらず」を比較してみましょう。

 

アイフル アコム
名称 てまいらず むじんくん
オペレーター対応 電話機 スピーカーとマイク
必要事項 申込用紙に記入 タッチパネルと

申込用紙に記入

カード発行

 

てまいらずに比べて、むじんくんの方がタッチパネルの操作といった手間があります。

 

2社とも共通点があり、最終的には担当者との連絡が必須です。

 

ただ、設置数でいえば1,000台以上のむじんくんに比べ、てまいらずは700台程度とやや利便性では劣る面があります。

 

しかし、申し込み方法の簡素化からみれば、てまいらずの方が簡単だといえるでしょう。

 

いい意味でのアナログ感「てまいらず」

 

自動契約機(てまいらず)まとめ

てまいらずの申し込み方や疑問点について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

この記事の要点としては、以下の4つがありますので確認しましょう。

 

  • てまいらずで即日融資も可能
  • てまいらずに設置された、電話とスキャナーを利用して申し込みをする
  • 即日融資を受けたい場合は、必要書類をもって最低でも21:00ごろまでに申し込みをすること
  • 借入方法はアイフル・提携先のATMもしくは振込融資を利用する

 

アイフルのてまいらずは、担当者と電話連絡を取り合うため、無人で契約ができ有人と同じくらいのサポートを受けることができます。

 

  • 誰にも会わずに契約をしたい
  • アイフルを利用したいけど、説明を受けながら申し込みたい

 

といった方は、この記事を参考に「てまいらず」での申し込みを検討してくださいね。

 

申し込みからカード取得まで、強いサポート力で問題なく進めるはずです。

 

公式サイトへ

 

アイフル

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
3.0%〜18.0% 最高800万円 最短30分 最大30日間 86ポイント/100ポイント

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら