消費者金融で借りたお金をパーフェクトに返すコツとは?

カードローンのサイトには必ず、「計画的に利用する」ということがかかれています。計画的に利用するということは、「=計画的に返済する」ということでもありますが、なかなかこれが難しいもの。

 

そもそも理想的な返済計画を立てたところで、その時にそれだけのお金が手元になければ、ガラガラと計画は崩れてしまうからです。

 

そこでここでは、確実に借入の返済を行うために「これだけ守れば絶対に大丈夫」というポイントをまとめてみました。心がけさえすれば難しいことではないので、消費者金融利用の前に目を通しておいてください。

 

確実に返済をするために、絶対に守りたい4つのこと

 

・返済日が選べる場合は、給与が入る日+5日程度に設定しておく
・計画外で入金があった時には、時間をおかずにATM返済してしまう
・月々無理のない金額を積み立てる
・賞与の振込月の返済は工夫する

 

以上4つのポイントをとにかく守るようにすることで、返済遅れや、返済日に手持ち金額がないからといって他の金融業者からもお金を借りてしまう、といった事態を防ぐことができます。

 

では、どうしてこの4つのポイントを守れば返済が確実になるのでしょうか。1つ1つのポイントについて、もう少し詳しくみていきましょう。

 

返済日が選べる場合は、給与が入る日+5日程度に設定しておく

 

「使ってしまう前に返してしまう」が鉄則です。となると、給与が入る当日に返済日を設定しておいたほうがより確実なのでは?と思われるかもしれませんが、カードローンの返済引き落とし口座と、給与の振込口座が同一な人ばかりではないはずなので、引き出したり振り込んだり、という手間にかかる時間を考えると、5日ほどは余裕をみておいたほうが安心です。

 

しかも、給料日が休日や祭日と重なっている場合、前倒しで振込が行われる会社ばかりではないはずです。というより、次の営業日に回される場合のほうが多いのではないでしょうか?となると、返済しようとした時にたまたま給与の振込日が休日と重なっており、手元にお金がないという事態が発生する可能性があります。いくら休日だからといっても、遅れてしまえば「遅延」です。

 

消費者金融の返済日は、休日と重なっていても前にずれこむことがないと同時に、後ろにずらしてもらうこともできませんので、注意が必要。その意味でもプラス5日は安全な返済期日設定テクニックといえるでしょう。

 

計画外で入金があった時には、時間をおかずにATM返済してしまう

 

少し厳しく、どんな収入であっても、計画外にあった場合には「返済が最優先」と考え、その足でATMに向かって返済をしてしまいましょう。そのためにはいつでも返済ができる消費者金融を利用しておくことも大事です。

 

ここでくれぐれも「今月の支払いはもう終わっているから、これは使ってしまっても平気」とか、「とりあえず口座にいれておこう」としないのが完済への近道。支払い期日に「これだけは最低払ってください」と提示される金額は、あくまでも最低金額。

 

残高スライドリボルビング払いでの返済の場合、最低金額だけを返し続けていると理論上はいつになっても返済が終わらないことになってしまいます。

 

月々無理のない金額を積み立てる

 

月々の返済にプラスして繰り上げ返済もしているのに、さらにお金を積み立てるなんて無理、と思われるかもしれませんが、あくまでも無理のない金額で構わないので、少しずつでも貯金を作る癖をつけていきましょう。

 

消費者金融でお金を借りられたということは、少なくとも定期的な収入があなたにはあるはずです。給与から生活費と返済金額をマイナスした残りから、1000円でも2000円でも積み立てることです。

 

さてその積み立ては、何のために使うのかということもはっきりさせておきましょう。この積み立ては、もしやむを得ない理由で収入が途絶える事態になった時に、返済に当てるお金です。それ以外には使わないことを肝に命じておきましょう。

 

もちろん、無事にそんな事態には陥らず完済した暁には、普通に自分ががんばって貯めたお金として、使い道を考えてみるのもいいかもしれません。

 

賞与の振込月の返済は工夫する

 

ボーナスがある正社員の方は、うまく返済に利用してください。セオリーは、「できるだけ多くの金額をボーナスから返済にあてる」ですが、もともとボーナスを年収として見込んで生活をしている方の場合、ボーナスを全て返済に回してしまうと、今度は生活のほうが回らなくなり、結局新たな借金をするはめにならないとも限りません。

 

ただし、消費者金融に返済を行っている間は、クレジットカードでの「ボーナス払い」を、手数料がかからないからといって利用するのは避けましょう。先に説明したように、残高スライドリボルビング払いでの返済では、月々提示された金額のみを返済していても、完済は全く近づいてきてくれません。

 

ボーナスは臨時の収入ではありませんが、繰り上げ返済を一気に行えるチャンスではあります。ここでできるだけまとまった金額を返しておけば、後が楽なだけでなく、支払う利息が減る分だけ、全体での支払い総額もぐっと減らすことができます。

 

以上、確実に返済するために守りたいポイントをみてきました。カードローンは非常に便利なものですが、便利さに負けて返済計画がボロボロになってしまう危険もはらんでいます。4つのポイントを厳守して、安全に利用してください。

アコム

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
3.0%〜18.0% 800万円 審査時間最短30分 あり 94ポイント/100ポイント

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら