アコムのキャッシング限度額は?

アコムにキャッシングの申込をしても、借りたいと希望する金額を貸してくれるかどうかは別問題です。利用者によって必ず設定されるのが、借入の限度額ですから、この点は十分に留意しておきましょう。

 

基本的にキャッシングできる限度額を設定するのは、申込をしたキャッシング会社です。キャッシング会社が謳っている融資限度額と個人が利用できる借入の限度額、これら二つはイコールではありません。この点を頭にいれておき、融資限度額について以下の事を確認しておきましょう。

 

キャッシング会社の融資限度額

よくある広告に「融資額最大○○万円まで可能!」といったキャッチフレーズを見かけることがあります。これは、すべての利用者に対して最大○○万円まで融資します、という意味ではありません。条件次第で最大○○万円まで融資できる利用者もいます、という意味として捉えてください。

 

つまり広告で謳われているような融資額というのは、キャッシング会社が定める最大の融資限度額であり、この最大融資限度額を満額借りれるようになるには、様々な条件をクリアしないといけないわけです。

 

キャッシングの申込を行い審査に通過しても広告どおりの金額が借入できるわけではなく、個人個人の利用限度額と、会社が設定している最大融資限度額は異なるということを踏まえておきましょう。

 

利用者に設定される借入の限度額(融資限度額)

 

利用者が借入することのできる限度額=融資限度額はキャッシング会社が決定し、その金額が変わることはほとんどありません。総量規制という法律の改正で、年収の3分の1までの金額=借入できる限度額として定められているからです。

 

ですから、年収の3分の1以上の金額を借りたいと思っても借りることは不可能なのです。年収が300万円であればその3分の1、100万円が利用者に設定される融資限度額となります。

 

とはいえ年収の3分の1、100万円満額を融資してくれるかどうかは、キャッシング会社の審査次第ですからそれよりも少ない額で限度額が設定される場合もあります。借入の限度額は利用者の収入や生活環境などによって影響されるので、総量規制で定められた額よりも大幅に減額された限度額になることもあります。

 

ちなみに、アコムで限度額ギリギリまで融資を受けている状態で、他のキャッシング会社からも借入することは可能なのか?という疑問がわくかもしれません。

 

まず法律に沿って個人の利用限度額が決まることは変わりませんので、年収の3分の1以上の金額は借りられません。上記の例をとってみると、例えばアコムで設定された限度額が80万円だとしたら、収入の3分の1は100万円ですから20万円分は他社から融資を受けられる可能性があります。

 

融資限度額が設定されてる時、他社から融資は受けれる?

 

一方アコムで100万円の融資限度額が設定されており、ギリギリまで借入をしているという状態ならば他社から融資を受けることはできません。

 

仮に他社で申込をしたとしても融資できませんと返答がくるだけですので、まずは現状の借入分を返済することを優先的に考えたほうがよいでしょう。

 

キャッシングを申込む際には、必ず他社からの借入があるかどうかを確認されます。虚偽の申告をしたとしても、登録されている信用情報ですぐにわかってしまいますから、正直に申告しておいたほうが得策です。

 

総量規制の限度額に達していない状態ならば、他社からの借入もできる可能性がありますので、正確な情報を申告することが大切です。

アコム

実質年率 限度額 スピード 無利息融資 総合評価
3.0%〜18.0% 800万円 審査時間最短30分 あり 94ポイント/100ポイント

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら