嘘は必ずバレます!カードローン審査で嘘をついてはいけない理由。

嘘は絶対につかないこと!

 

私たちはいつの間にか嘘も方便といいつつ、小さな嘘を積み重ねて生きています。それは誰かを騙すという事ではなく、必要悪とも言える嘘です。大人になれば、必要に応じての本音と建前をわきまえているので、それでまかり通っているともいえます。

 

どんな嘘も良いとは言えませんし、嘘はつくことで自分の首を絞めることにもなりかねません。自分がついてしまった小さな他愛もない嘘でその場はしのげても後々に大問題となることもあるのです。

 

お金をカードローンで借りるというのは申込者の信用に対してどれだけの融資枠が出来るか、という問題になります。だからこそ、嘘は決してついてはいけません。貴方への信用自体を損なうことになり、また契約違反として大問題にもなりかねません。

 

カードローンでは嘘は必ずバレてしまいます

 

カードローンを申し込む際に、よりよい条件を求めるがあまりに「このくらいだったら問題ないだろう」と必須記入事項の年収は職歴を実際よりも良く見せようとする事があるかもしれません。ところが、その記入事項が嘘であると発覚する可能性は高く、リスクが大きいといえます。

 

カードローンを作る際には必ず提出を求められるものとして、自身の身分証明証のコピーが挙げられます。その身分証明証から、あなたの個人情報が割り出され、その内容と記載事項が異なっていると発覚しかねませんし、融資枠が大きい場合には収入証明証を提出するように求められることも多く、記入した年収と違えば嘘が発覚してしまいます。言い換えれば、申込者に関する重要事項は必ず徹底的にローン会社は調べることになるという事です。

 

さらに言うなれば嘘が発覚した場合、「この人は嘘つきである」とローン会社に思われてしまうのです。これが大問題です。嘘をついてカードローンを作ろうというのだから、何かしら問題があるに違いないと思われ、もらえるはずだった融資枠を撤回されても仕方ありません。カードローンの審査には嘘をつくことによって起こるデメリットが大きく、申込者には嘘のない誠実さが求められている、というのが明確です。

 

審査には誠実に臨みましょう

 

申し込みの際には嘘で限度額を増やしたりしようとせず、とにかく今の状態の自分で「どのくらいの信用枠をもらえるのか」という感じに、自分の状況で借りれる範囲のローンを見つけるという風に考えましょう。

 

申し込みをする際にどこで借りれるのか、という事を知りたいのであれば、カードローンの一括審査をしてくれるサイトもあります。そういったサイトを利用してみて、自分にあった条件のカードローンを見つけてそこから始めてみましょう。

 

どこのローン会社にも言えることですが、嘘をつくよりも誠実に不都合であろうことでも正直に申し出る人の方が信用され、検討してもらえます。ローンの審査に一番大切なのは誠実さであり、後々問題にならないように気をつけましょう。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら