カードローンの審査で落とされる理由は?

カードローンを利用したいと思って手続きをしていくと、審査で落とされてしまうということがあるかもしれません。審査で落とされてしまう理由は、簡単に言えば信頼されていないということになります。

 

この場合の信頼とは、お金を貸しても返してもらえるかどうか、という観点での信頼となります。お金を返してもらえないかもしれないようなリスクの高い人には、なかなか貸すことはできないということです。では、どのような人がリスクの高い人と判断されるのでしょうか?

 

過去に問題がある人

 

これまでにもカードローンなどの借入実績があるというケースは珍しいものではありません。過去に借入をしていてもちゃんと返していれば、むしろ信用される可能性がありますが、何か問題を起こしていればリスクが高いと判断されるでしょう。

 

例えば、返済期限を守らずに延滞してしまったことがあるというようなケースです。このような問題を起こすと信用情報に記録されてしまいます。一度記録されてしまうと各金融会社が照会可能となっていますので、その情報が審査の際に見られてしまいます。

 

したがって、過去と異なる金融会社を選んで申し込んだとしても、審査に落ちてしまうのです。このようなことにならないようにするためには、借入した際にはちゃんと返済するということにさえ気を付けていれば良いでしょう。

 

他の業者にも借入がある人

 

他の金融会社から借入をしているような人も新しく借入できない可能性が高いです。これは、他の会社の返済をするために新たな借入を申し込んでいるとみなされる可能性があるためです。

 

もし、そのような状況であれば返済が難しくなっているということになりますね。返済が難しい状況ではないのであれば、不要なものを解約するようにして、他社からの借入を解消するようにすれば、審査に通る可能性が高くなるでしょう。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら