不安な世の中だからこそマイホーム!カードローン審査への影響とは?

マイホームを持つメリットとは

 

近年デフレが続き経済状況が厳しくなる中、サラリーマンの給料は下がる一方でした。リストラへの不安を抱えているというご家庭もあるかもしれません。

 

アベノミクスが功を奏するかどうかはまだまだ不透明で、家計の財布の紐はなかなかゆるまないというのが現状でしょう。住宅ローンのような大きな借金を背負うという決断に踏み切ることは難しい状況かもしれません。

 

しかし、住宅ローンの金利は下がり、土地の価格も下落が続いているため、住宅購入にかかるコストが下がっているのも事実です。家計の見通しさえ確かならば、持ち家を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こんな時代だからこそ、マイホームという資産を持つことにはメリットもあるのです。どういうメリットなのか、ご紹介しましょう。

 

カードローン審査では持ち家が有利

 

マイホームを持つメリットとは、カードローンの審査で有利に働くという点です。

 

カードローンの審査には、職業や過去のローンに関する情報など様々な情報が審査の対象となりますが、その一つが居住の形態です。近年の経済状況や核家族化の影響などから、一昔前に比べると、賃貸マンションのような賃貸物件に居住する人が多くなっているという現実があります。

 

では、居住形態がどうしてカードローンの審査に影響を与えるのでしょうか。カードローンの審査では、申し込みをした方がいかに安定しているかということに重きが置かれます。

 

職業であれば正規雇用者、電話であれば固定電話が評価されるのです。きちんと定着していることが、安定しているとみなされます。そのため、持ち家もまた評価されることになるのです。

 

また、持ち家は資産として評価できる点でも有利に働きます。住宅ローンを利用している場合には、持ち家が担保になっているでしょう。その資産としての価値が評価されることになります。

 

住宅ローンを完済している場合には、さらに有利に働くでしょう。

 

マイホームが持っている価値

 

ご紹介したように、持ち家にはこのような価値もあるのです。先行きの不透明な現代だからこそ、マイホームを持つという選択肢も考える必要があるのではないでしょうか。

 

とは言え、住宅ローンを抱えることに不安を感じる人も多いと思います。その場合には、生活を支える備えとしてカードローンを利用するということも一つの手段ではないでしょうか。

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら