他社からの借り入れ件数が多すぎ?多重債務について

他社借り入れの件数が多すぎるとキャッシングの利用は難しくなります!何社までの借り入れであれば審査に通過することができるのでしょうか

 

他社借り入れの件数が多くなると審査落ちの可能性が高くなります

特定の1社のキャッシングを利用している人の場合には、利用限度額が足りないと感じて別のキャッシングへの申し込みを希望することが多いようです。しかし短期間に複数のキャッシングに申し込んでしまうと、複数の申し込みそのものが理由で審査に通らなくなる「申し込みブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。

 

短期間に複数の申し込みをしてしまうと、「お金に困っているのではないか?」「借金で借金の返済をしているのではないか?」などと疑われて、延滞や金融事故の履歴などがない人でも審査に落ちてしまう可能性が高くなるのです。「申し込みブラック」の状態にならないためにも、安易に複数のキャッシングに申し込むことはくれぐれも控えるようにしてください。

 

何社以上に申し込むと審査では不利になってしまうのでしょうか?

実際には申し込む人の返済履歴や借り入れ状況などによっても異なるのですが、多くの場合には短期間に3社以上の借り入れを申し込むと審査では不利になるようです。

 

短期間に3社以上の借り入れに申し込むと「申し込みブラック」と判断される可能性が高くなります。実際の基準は非公開となっているのですが、キャッシングに申し込んだ人の口コミなどを確認してみると「2社目までは大丈夫」「3社以上になると審査に落ちてしまう」といった意見が多いようです。

 

またどうしてもまとまったお金が必要だという場合には、複数の金融機関に申し込むよりも大きな金額の借り入れが可能な金融機関を探してみることをおすすめします。実際に金融機関で相談してみたところ、大きな金額の借り入れが認められたというケースなどもあるようです。

 

すでに借り入れを利用しているという人の場合には

借り入れの件数が多い人ほど貸し倒れが発生する可能性が高くなりますので、すでに借り入れを利用しているという人に対しては審査が慎重に行われることになります。特に複数の金融機関からの借り入れを利用しているという人の場合には厳しい審査が行われますので、借り入れの件数が増えれば増えるほど審査落ちの可能性が高くなってしまうのです。

 

すでに借り入れを利用しているという人の場合には、まずは現在利用している借り入れを返済してから新規の借り入れに申し込むことをおすすめします。

 

また複数の借り入れを利用しているという人の場合には、その一部だけでも返済するようにすれば新規の借り入れの審査に通りやすくなるはずです。

 

おまとめローンを積極的に活用しましょう

複数の借り入れを利用している人の場合には、借り換えにより複数の借り入れをひとつにまとめる「おまとめローン」の活用をおすすめしたいと思います。

 

おまとめローンを活用すれば返済が月に1回になり返済の管理がしやすくなりますし、また上手に活用すれば低金利で借り換えることができるかもしれません。金利の負担を減らすことができれば早期の完済を目指すことができますので、おまとめローンの積極的な活用を検討してみてください。

 

まずは現在の借り入れをできるだけ返済してしまうことをおすすめします

今回は複数借り入れがカードローンの審査に及ぼす影響について確認してみました。簡単にまとめてみると以下の通りとなります。

 

  • 短期間に複数(1ヵ月に3社以上)の借り入れに申し込むと「申し込みブラック」の状態になります
  • 他社借り入れを利用している人は新規のカードローンの審査には通りにくくなります
  • 複数借り入れを利用している人はおまとめローンを積極的に活用しましょう

 

カードローンを提供する金融機関では返済不能による貸し倒れの発生を警戒していますので、複数借り入れを利用している人に対しては厳しい審査が行われることになります。特に借り入れ件数が多い人の場合には新規の借り入れは難しくなりますので、まずは現在の借り入れをできるだけ返済してしまうことや、おまとめローンを活用して借り入れ件数を減らすことなどを心がけるようにしましょう。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら