■審査に合格するために覚えておきたい3つの注意点

カードローンを申し込む時はお金が急に必要になったという時がほとんどだと思います。

 

そんな時に審査に落ちてしまったとしたら大変困りますよね?

 

そうならないようにここでは3つの注意点をお教えしますので、出来ていない部分があったら今のうちに直しておきましょう。

 

カードローンの条件をチェックしておこう

 

カードローンというと高い金利の代わりに誰でもすぐに貸してもらえるというイメージがあるかもしれませんが、実際は様々な条件が設けられている場合がほとんどです。

 

詳しくはそれぞれのカードローンの公式ホームページをチェックしてください。代表的なのは一定以上の年収を得ていることや、年齢制限、正社員であることです。

 

なので自分にあったカードローンを今のうちに見つけておきましょう。必要になってからではより自分に合った条件のものを見逃してしまうかもしれません。

 

カードローンの同時申し込みをするべからず

 

カードローンの申し込み履歴はそれぞれの会社で情報を共有されていることはご存知でしょうか。

 

これにより、一度に2社以上のカードローンに申し込みをしているとたちどころにそれぞれの会社に知られ、カードローンから借りれるだけ借りて逃げたり返済のためにとにかく借りようとしているのではないか、と疑われて審査に落とされることがあります。

 

なので、カードローンの申し込みは1社ずつにし、同じ時期やタイミングにならないように気をつけましょう。

 

ここでもやはり公式サイトから条件をチェックしておき、1番自分に合った条件のところから順に申し込むのが適切です。

 

過去のトラブルを把握しておこう

 

トラブルというのは、カードローンの支払いの遅延を何度も起こしたことがある、というのが一番よくあることです。

 

カードローンやクレジットカードなどは利用履歴が業者に閲覧されるようになっているので、こういうことが過去にあれば非常に高確率で審査に落とされます。

 

ただし、長期間の保存はされていないため、過去のトラブルによる審査落ちが疑われる場合は少しの期間申し込みを控えた方が良いでしょう。

 

そして、そのことが原因になることにすぐに気付けるように、カードローンの業者とのトラブルはメモをとるなどして残しておいてください。

 

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら