銀行カードローンの審査を通すには?

銀行のカードローンを利用したいと思ったとき、やっぱりほとんどの皆さんが気になるのは、自分がどのくらい借りることができるのだろうかとかそもそも自分には銀行カードローンを作る事ができるのだろうかなどと思うと思います。

 

そこで銀行カードローンの審査のポイントを整理し理解することでスムーズに進める事ができると思います。ここではその銀行カードローンを作成する際に行われる審査の重要なポイントを紹介したいと思います。

 

本人の収入と経済状況

 

まずはやはり収入と経済状況です。本人がどのぐらい収入があるのかというのはもちろん、どのぐらいの収支があるかも審査の対象となります。収入がある程度あっても生活の状況で支出が多い場合は通らないという事もありえます。

 

反対に収入が多少少なくても金額によりますが審査に通るという事もあります。もちろん一番通りやすいのは収入が多く経済能力のある人です。

 

収入の継続性と安定性

 

次に収入の継続性と安定性です。例えば時給の高いアルバイトをしている人と月給の少ない会社員の人がいるとします。

 

貰っている収入はアルバイトをしている人の方が多い場合でも、安定性の面から会社員の方が審査に通りやすいと言われています。

 

次に会社等の継続年数も重要なポイントになります。継続年数が長ければ長いほど審査に通りやすいと言われています。

 

他社の借り入れ状況

 

最後に他社等の借り入れ状況です。もし他に借り入れしている事があれば、やはり審査の対象となります。他社から借り入れをしていない人と比べれば、もちろん返済能力について詳しく厳しく審査されるので、通りづらくなる場合があります。

 

上記に記載してある通り収入と支出で経済能力を審査されるわけですから当然といえば当然の話ですね。ここでもう一つ重要なのは、その他社からの借り入れをしている場合、その返済に遅延や踏み倒しがないか、要は信用ができる人かどうかも審査の対象となります。

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら