審査の甘いキャッシングは実在するのか…?

新規顧客の獲得を目的として審査を甘めに設定するキャッシングなども存在するようです!審査の甘いキャッシングについて確認してみましょう

 

審査が甘い=審査に通りやすいキャッシングは存在するのでしょうか?

○○のキャッシングは審査が甘い!」といった記述を、キャッシングに関するインターネットのサイトなどで見かけることがあります。審査が甘ければそれだけ審査には通りやすいということになるのですが、本当に審査の甘いキャッシングなどは存在するのでしょうか。今回は審査の甘いキャッシングについて考えてみたいと思います。

 

審査の甘いキャッシングは減少傾向にあるようです

審査の甘いキャッシングには、利用者にとっては審査に通りやすいというメリットがありますし、また金融機関にとっては新規の顧客を獲得できるというメリットがあるのです。ただしキャッシングの審査を甘くしてしまうと、その後は貸し倒れが発生する可能性が高くなってしまうことになります。

 

キャッシングでは個人の信用に基づいて融資が行われますので、融資の際には審査により申込者の返済能力が判断されることになります。この時に審査を甘くしてしまうと返済能力が不十分な人に対しても融資が行われますので、その後返済不能や貸し倒れなどが発生してしまう可能性が高くなるのです。

 

金融機関では新規の顧客を獲得したいと考えているのですが、その一方では貸し倒れのリスクをできるだけ抑えたいと考えていますので、審査の甘いキャッシングについては最近では減少傾向にあるようです。

 

新規開業した直後のキャッシングが狙い目になります

これはキャッシングだけに限らず全ての事業に共通なのですが、新規開業をした業者はできるだけ早く「実績」を獲得したいと考えています。

 

貸金業であれば顧客の数や利益の額などがその判断の基準になりますので、できるだけ早い段階で新規の顧客を集めて、売上の数字を残したいと考えているのです。そのため新規開業したキャッシングでは新規顧客の獲得を優先して、比較的審査を甘く設定していることが多くなります。

 

審査を甘くすると貸し倒れの可能性も高くなるのですが、審査を甘くしているキャッシングでは利用限度額を低めに設定することなどにより、これらのリスクに備えているのです。ただし審査を甘くするのは開業の直後に限られますし、実際に一定の顧客を獲得することができれば以降は通常の基準による審査が行われることになります。

 

審査の甘いキャッシングに申し込むのであれば、新規開業した直後のキャッシングが狙い目なのです。

 

審査の甘さについてはあまり気にしないことをおすすめします

今回は審査の甘いキャッシングについて考えてみましたが、いかがでしたでしょうか。審査の甘いキャッシングについては様々な考え方があるようですが、結論としては「あまり気にしない」ことをおすすめします。

 

キャッシングの審査基準については全ての金融機関が非公開としていますし、利用するためには安定した収入の条件を満たすことが必要になります。いくら審査が甘いキャッシングであっても、十分な返済能力が認められなければ審査に通過することは難しいのです。

 

インターネットの口コミ情報などはたしかに参考になるのですが、あくまでも他の人の体験談になりますので、同じ条件で申し込んだからといって必ずしも同じ結果になるとは限りません。またインターネットの情報については誇張や嘘なども多いようです。

 

キャッシングの審査に通過できるかどうか不安だという人には、金融機関各社が公式ホームページ上で提供している「お試し審査」の活用をおすすめします。基本的な情報を入力するだけで融資の可否を簡単に判断することができますし、申し込みの履歴などが信用情報機関に登録されることもありませんので、まずは気軽に試してみてください。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら