在籍確認が省略できるケースを紹介

職場への在籍確認なしでキャッシングを利用するための方法をご紹介します!給与明細や保険証を提出することで在籍確認が省略できる場合があるようです

 

職場への在籍確認なしでキャッシングに申し込める場合などがあります

キャッシングに申し込んだ場合には、審査の際には職場への在籍確認が行われます。在籍確認では職場に電話をかけて、申込者本人が本当にその会社で働いているのかどうかを確かめるのです。キャッシングの審査の際にはほとんどの金融機関が在籍確認を行うのですが、近年では書類の提出などにより電話による在籍確認を回避できる場合などもあるようです。今回は職場への在籍確認を回避するための具体的な方法について、さらに詳しくご紹介したいと思います。

 

消費者金融系のキャッシングで職場への在籍確認を回避するための方法について

現在職場へ電話連絡なしで審査を受けることができる消費者金融は、プロミスモビットアコムなどになります。一方のノーローン・レイク・アイフルなどの消費者金融では、審査の際には職場への電話による在籍確認が欠かせないようです。在籍確認なしでキャッシングを利用するためには各種書類の提出などが必要になるのですが、職場の人たちに内緒でキャッシングを利用したいのであればこれらの方法の活用を検討してみましょう。

 

プロミスで在籍確認を回避するためには

プロミスでは基本的には電話による在籍確認が必要になるのですが、どうしても電話による在籍確認が難しいという場合に限って、各種書類の提出により電話による在籍確認を回避することができるようです。ただし必ず認められるというわけではありませんので、くれぐれも注意をしてください。

 

在籍確認を回避するためには、担当者を納得させることができるそれなりの理由が必要になります。例えば「即日融資を申し込みたいけれど、今日は職場が休みなので電話をしても誰も出ない」「普段第三者から電話がかかってくることのない職場なので、在籍確認の電話がかかってくると怪しまれる」などの理由であれば、在籍確認を回避することができるかもしれません。

 

在籍確認の回避を希望するのであれば、電話または無人契約機で申し込みを行うようにしてください。インターネットからの申し込みの場合には、在籍確認を回避することは難しいようです。

 

また在籍確認なしで審査を受けるためには、会社が発行した給与明細保険証を提出することが必要になります。即日審査を希望するのであれば、すぐに提出できるように事前に準備をしておくことをおすすめします。

 

モビットで電話連絡を回避するためには

モビットの場合にもプロミスと同様に、会社が発行した給与明細か保険証を提出することで電話連絡を回避することができます。

 

ただしモビットの場合にはさらに追加の条件として、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが必要です。これらの条件を全て満たすのであれば、電話による連絡を省略できる可能性が高くなります。

 

またモビットの場合にはインターネットからの申し込みであっても、電話連絡を省略することができるようです。モビットでは全ての申し込み手続きをインターネット上で完了することができる、「WEB完結申し込み」のサービスを提供していますので、積極的な活用を検討してみてください。

 

アコムで在籍確認を回避するためには

アコムの場合にはキャッシングに申し込む際に、設定により在籍確認なしを選択することができます。

 

また給与明細などの提出も必要ありませんので、在籍確認なしによる審査を気軽に申し込むことができるのです。

 

ただしアコムの場合には、在籍確認なしによる審査を申し込むことができるのは借り入れ限度額が10万円以下の場合に限られます。利用限度額については利用実績などに応じて後日増額を受けることもできますので、まずは気軽に申し込んでみましょう。

 

銀行系のキャッシングで職場への在籍確認を回避するための方法について

銀行系のキャッシングに申し込む場合にも、原則として職場への電話による在籍確認が必要になります。

 

ただし一部の銀行では、電話による在籍確認なしで申し込める場合などもあるようです。これらについてはインターネット上の体験談や口コミなどが情報源となっていますので、確実な情報であると断言することはできません。あくまでも参考として役立ててみてください。

 

三菱東京UFJ銀行で在籍確認を回避するためには

三菱東京UFJ銀行に申し込むのであれば、テレビ窓口を利用することで職場への在籍確認を回避できる可能性が高くなります。夜間や土日祝日などの勤務先が休業となるタイミングに申し込んでみてください。

 

ただし借り入れ希望額が大きい場合などには、やはり電話による職場への在籍確認が必要になるようです。在籍確認なしでの申し込みを希望するのであれば、申し込み金額は10万円以下に抑えておくことをおすすめします。

 

楽天銀行で在籍確認を回避するためには

楽天銀行のスーパーローンでも、在籍確認なしで融資が受けられる場合などがあるようです。ただし体験談や口コミなどをチェックしてみると、いずれの場合にも申し込み金額が少額であったという点が共通しています。

 

三菱東京UFJ銀行の場合と同様に、申し込み金額は10万円以下に抑えておくことをおすすめします。

 

在籍確認を必要以上に恐れる必要はありません

今回は職場への在籍確認を回避するための、具体的な方法についてご紹介しました。

 

現在はキャッシングを提供する金融機関同士の競争が激しくなっていますので、顧客サービスの一環として在籍確認なしで審査が受けられる金融機関などが増えているようです。

 

ただし実際の審査では、職場への在籍確認を必要以上に心配する必要はありません。在籍確認の際には金融機関の名前ではなく担当者が個人名で電話をしますし、申込者のプライバシーについては十分な配慮が行われますので、ほとんどの場合にはキャッシングの審査であることはわからないのです。在籍確認を必要以上に恐れずに、まずは気軽に申し込んでみてください。

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら