カードローンの同時申込はすべきではない理由とは

カードローンの申込、複数同時に申込むのは得策か

 

カードローンの申込をする理由の多くは、「急なお金が必要になったからすぐに借入をしたい」、というケースと「今は必要ではないけれど何かあった時に備えて」というケースの2通りに絞られるのではないでしょうか。

 

どちらかと言えば、前者の理由がカードローンの申込に多い理由だと思いますが、その場合審査に落ちてしまった場合を考え、同時に他のカードローンにも申込を行う方法をとっている人も多いのではないでしょうか。

 

いわゆる受験の滑り止めというような形ですが、実はこの方法は良くない結果を招いてしまいかねません。

 

デメリットが多くなるので避けたい同時申込み

 

カードローンを申込むと、リアルタイムでその情報は記録されていくことをまず頭に入れておきましょう。ですから、そこで同時に他社のカードローンを申込んだ場合も、もちろんその情報はリアルタイムに記録されていきます。

 

これは、信用情報を扱う信用機関に問い合わせる事で、すぐに判明します。この場合、カードローン会社側は申込履歴を見て、短い期間内で複数のカードローン会社に申込んでいる=お金に困っていてどんどん審査を受けている、というように判断します。

 

カードローン会社の本音を言えば、あまりお金に余裕のない人に融資をするよりは、余裕がある人に、多くの融資をしたいと考えます。

 

ですから、お金に困っているというように判断されてしまうと、審査には不利な状況になってしまいます。同時申込の状態で審査に通ったとしても、必要としている融資額には届かない限度額になってしまうこともあります。

 

複数のカードローンに申込を行いたいとしても、まずは一方の審査結果を見てから別のカードローンに申込を行うというようにするべきです。

 

審査に落ちてしまった場合は、カードローン申込事態難しい状況だと言わざるを得ませんが、どうしてもという場合は、申込は一箇所ずつ、そして期間をあけてから再度別のカードローンに申込むようにした方が良いでしょう。

 

焦りは禁物、冷静な判断で

 

そうは言うものの、かなり切迫しているような急用ともなれば、悠長な事は考えてられません。気持ち的にも焦ってしまい、パニックになってしまう人もいるはずです。

 

だからといって、冷静な判断を欠いて審査も不要な悪質業者に捕まってしまうというような事だけは避けたいところです。緊急時ほど冷静になり、まずは即日融資が受けられる、審査の条件が緩めの消費者金融系のカードローン会社を当たってみましょう。

 

もちろん審査によりますが、同時に申込むよりもリスクは抑えられますし、最初から消費者金融系に絞ってどれだけの融資が可能か、クリアできる条件かどうかなどを調べておけば、カードローン利用ができるチャンスは大きくなるはずです。

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら