キャッシング審査とクレジットカード審査の違い

消費者金融のキャッシングの審査とクレジットカードの審査には違いがあります!審査の基準や方法などの違いを確認してみましょう

 

消費者金融のキャッシングとクレジットカードでは利用目的が大きく異なります

最近のクレジットカードにはキャッシングの機能が付帯することが一般的であるため、消費者金融のキャッシングとクレジットカードに同じような印象を持つ人が多いようです。ただし実際には消費者金融のキャッシングとクレジットカードには審査の基準方法などに違いがありますし、またその利用目的なども異なります。今回は消費者金融のキャッシングとクレジットカードの違いについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

審査ではどのようなポイントが重視されるのでしょうか?

消費者金融のキャッシングは現金の借り入れを目的としたものであり、一方のクレジットカードは買い物やサービスなど購入代金の支払いををカード会社が一時的に肩代わりしてくれるものになります。それぞれの審査では、どのようなポイントが重視されるのでしょうか?

 

消費者金融の審査ではどのようなポイントが重視されるのでしょうか?

消費者金融のキャッシングでは担保や保証人なしで、申込者の信用に基づいて融資が行われることになります。申込者の職業の種類・年収・勤続年数などにより、返済能力が判定されるのです。消費者金融のキャッシングでは認められた利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れを行うことが可能です。提携するコンビニなどのATMを利用することができますので手軽で便利なのですが、その一方で比較的割高な金利条件が設定されているようです。

 

クレジットカードの審査ではどのようなポイントが重視されるのでしょうか

クレジットカードは買い物などの支払いをカード会社が一時的に肩代わりしてくれるサービスです。クレジットカードの審査でも消費者金融のキャッシングと同様に、申込者の職業の種類・年収・勤続年数などに基づいて返済能力が判定されることになります。クレジットカードに申し込む際には担保や保証人などを用意する必要はありませんが、クレジットカードの場合には支払いが完了するまでの間は購入した商品の所有権はカード会社に留保されることになります。クレジットカードでは実質的に有担保契約となりますので、無担保の消費者金融キャッシングよりも審査には通りやすくなります。

 

それぞれの審査の大まかな流れについて確認してみましょう

消費者金融やクレジットカードに申し込む場合の、審査の大まかな流れについて詳しく確認してみましょう。

 

消費者金融の審査の大まかな流れについて確認してみましょう

消費者金融では申込者に関する各種の情報を数値化して、コンピュータにより審査を行う「スコアリングシステム」を採用しています。審査の結果はすぐに判明しますので、即日融資などにも対応することができるのです。

 

さらに消費者金融では基本的な情報を入力するだけで融資の可否を判断することができる「お試し審査」などのサービスを提供しています。個人が特定できる情報などは入力する必要がありませんので、お試し審査を利用しても信用情報機関に履歴が登録されることなどはありません。

 

また信用情報機関に延滞や金融事故の履歴などが登録されていると、消費者金融のキャッシングに申し込んでも審査に通らない「ブラックリスト」状態になってしまいます。一度ブラックリスト状態になってしまうとその後5年〜10年程度各種のローンやクレジットカードなどの利用を制限されてしまうことになりますので、安易に延滞などをしてしまわないようにくれぐれも注意をしてください。

 

クレジットカードの審査の大まかな流れについて確認してみましょう

クレジットカードの利用とそれに付帯するキャッシング機能の利用を希望する場合には、審査を2段階で受けることになります。

 

まずはクレジットカードの審査です。クレジットカードの場合にも、消費者金融と同様にスコアリングシステムによる審査が行われます。基本的に仮審査などはありませんので、申し込みの時点で本審査が開始されることになります。

 

クレジットカードの審査でも、やはり返済能力が重視されるようです。月々の利用金額の確実な支払いが可能かどうか、職業や年収などの条件に基づいて審査が行われます。クレジットカードのキャッシング機能については、利用者がカード会社に利用を申し込む場合と、クレジットカードへの申し込みの際にカード会社から利用を勧誘される場合とがあるようです。ある程度のクレジットカードの利用実績があれば、キャッシング機能の審査にも通りやすくなるでしょう

 

クレジットカードの審査については、消費者金融とは異なり審査の結果が判明するまでには一定の期間が必要になります。即日審査や即日融資などには対応していませんので、余裕を持って申し込むようにしましょう。

 

利用目的などに応じたサービスに申し込むようにしてください

消費者金融のキャッシングとクレジットカードのキャッシング機能の違いについてまとめてみると、以下の通りとなります。

 

  • いずれの審査でも返済能力が重視されることになります。
  • 消費者金融は資金の借り入れ、クレジットカードは買い物などが主な利用目的になります。
  • クレジットカードのキャッシング機能を利用するためには、クレジットカード本体とは別の審査を受けることが必要です。

 

お金の借り入れが主な利用目的であれば、消費者金融のキャッシングに申し込むことをおすすめします。また買い物などの利用がメインであり、さらにいざという場合にも備えたりというのであれば、クレジットカードのキャッシング機能が便利です。利用目的に応じたサービスを選択して申し込むようにしてください。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら