カードローンの条件を少しでもよくするために必要なこと

使いやすいカードローンを求めて

 

カードローンは便利ですが、より便利に使うためには今よりも好条件で利用したいですよね。金利などの基本条件が優れているカードが理想で、あまり条件が優れていないカードローンでは使いにくいです。

 

使いにくいカードを持っていても、カードローンのメリットがあまりなく、だんだん使わなくなってしまうのではないでしょうか。

 

カードローンを作るからには、利用することを想定していると思います。初めて利用する人でも、よく条件を調べてできるだけ自分にとって好条件なカードローンを選択しますよね。

 

とはいえ、最初からあまり好条件のカードローンを作るのは難しいというのが現実です。

 

実績を積み重ねることで条件もよくなる

 

カードローンに求める二大条件というと、「借入限度額」と「金利」ではないでしょうか。

 

当たり前ですが、前者は大きければ大きいほど利用しやすく、逆に後者は低いほど利用しやすくなりますね。限度額が小さいとあまりに使いづらいです。ある程度の限度額があるからこそ、いろいろな使い道が出てくるのがカードローンです。

 

ですがカードローン会社からしたら、いきなり知らない人にたくさんのお金を貸すわけにはいきませんよね。まずは低めの限度額を用意して、その枠内できちんと返済を続けることによって、少しずつ限度額が増えていくのが一般的でしょう。

 

金利に関しても同じで、貸してもきちんと返済してくれない人であれば、高金利にせざるを得ません。自分はきちんと返すと思っていても、実績がない人を信用することはできません。

 

また金利と限度額には関連性があり、少額で低金利だと利益が小さいため、限度額が大きくならないと金利が下がらないのが一般的なのです。

 

結論を言うと、カードローンの条件を良くするためには、カードローン会社との信頼関係を築く必要があるということです。いきなり好条件は無理でも、少しずつ実績を重ねていけば、とても利用しやすくなるのがカードローンの特徴です。

 

ちなみに社会的に信用がある職業であれば、それ自体がある程度の実績となって好条件で利用できる場合もあります。例えば公務員のように安定している職業や、弁護士のように社会的に信用されている職業がこれに該当します。

 

時間をかけて信頼関係を

 

面倒かもしれませんが、信用を積み重ねるにはのんびりと時間をかける必要があります。そもそも最初からあまりにも好条件を提示されたら、ちょっと心配になってしまいますよね。

 

最高の条件でカードローンを利用するためにも、少額からでもきちんと利用し続けるのが大切となっています。

 

本当に困っている人には、なかなかお金は貸してくれませんので、それなりに余裕があるうちから利用しておくのがいいかもしれません。

 

そうして信頼関係を気づいておけば、本当にお金が必要になったときに、利用しやすい条件でお金が借りられるかもしれませんから。

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら