収入のあることが前提・無職のカードローン審査クリアは不可能

無職がカードローン審査通過はできない

 

 

いろいろな事情で今仕事をしている会社を退職しようと思っている人はいませんか?もし今後お金を借りる必要があると思うのであれば、仕事を辞める前にカードローンの申し込みをすべきです。というのもどのカードローン会社でも無職の人に融資をすることはないからです。

 

カードローンの審査の中では、安定・継続的な収入があるかどうかを重視します。無職ということは、収入ゼロを意味しています。そのような人にお金を貸したところで、戻ってくる機体はほぼできません。皆さんがお金を貸す立場になって考えてみればお分かりでしょう。

 

中には「無職でもOK」などとうたっている業者もあるかもしれません。無職でも貸出しすると言っている業者はほぼ確実に、ヤミ金だと思うべきです。まともな貸金業者で、無職の人に融資することなどありえないと思いましょう。

 

休職中でもダメ?

仕事を辞めて求職活動をしている場合でも、カードローンの審査をクリアはできないでしょう。中には一定期間以上仕事をしていて、失業給付をもらっているという人もいるかもしれません。しかしカードローンの審査の中では、失業給付だけでは安定・継続的な収入と認定してもらえません。

 

中には、当面の生活費を稼ぐために、派遣社員として仕事をしようと思っている人もいるでしょう。派遣社員であれば、審査通過できる可能性も出てきます。ただし派遣の仕事をしていれば、という前提が入ります。ただ単に派遣会社に登録をしているだけで、仕事そのものはしていないのであれば、審査クリアはできないでしょう。

 

すでに辞めてしまった人がカードローンを利用するには

先ほども紹介したように無職になると、カードローンの審査にはまず受かりません。そこで退職する前に申し込むのがおすすめです。しかし中にはすでに退職してしまって、生活費などに困ってカードローンでお金を借りたいと思っている人もいるでしょう。その場合には、以下のいずれかの方法で借り入れられる環境を作ることです。

 

 

バイトを始める

安定・継続的な収入があれば融資の受けられるカードローンは、雇用形態は関係ないです。派遣の他にも、アルバイトやパートであっても仕事をしていれば融資は受けられます。もしすぐに正社員の仕事に就くのは厳しいというのであれば、アルバイトやパートで仕事の出来そうなものをまずは見つけましょう。正社員への就職と比較すれば、アルバイトやパートの方が職は見つけやすいはずです。

 

この時大事なのは、レギュラーである程度の長期間仕事できるような案件を見つけることです。日雇いバイトのような案件も数多く出ていますが、日雇いバイトだとカードローン会社の求める継続・安定的な収入をクリアできないからです。

 

自分で起業する

会社を辞めた人の中には、他のところに就職するのではなく、起業を検討している人もいるでしょう。自営業者も、カードローンからの融資を受けることは可能です。給料という月々決まった収入のない自営業者の場合、サラリーマンと比較すると審査は厳しくなるかもしれません。しかし少なくても、無職と比較すれば審査に受かる可能性は高まります。
自営業で仕事をきちんとしている、報酬も受け取っているのであれば、審査に受かる可能性は出てきます。ちなみにどのような業種であっても事業実態があれば、問題なく借り入れはできます。

 

配偶者に収入がある場合

共働きなどをしていて、自分が仕事を辞めて無職の状態でも配偶者に安定・継続的な収入があるというケースもあるでしょう。この場合、配偶者の収入をベースにして借入ができる可能性もあります。

 

配偶者貸付とは、夫婦の年収の合計の1/3を上限として借り入れできる制度のことです。ただしこの場合、結婚していることの証明、配偶者に年収のあることの証明、配偶者の同意書が必要になります。

 

配偶者貸付に対応しているカードローン会社は正直言って少ないです。大手のカードローンはまず配偶者貸付を実施していません。しかしもし配偶者に収入があれば、配偶者貸付に対応しているカードローン会社を探してみる価値はあるでしょう。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら