できるだけ同じ職場で長く働くことが重要

非正規雇用でも借りられる

 

 

日本の雇用形態も最近大きく変化していて、派遣社員や契約社員、アルバイトのような非正規雇用で仕事をしている人も多いです。日本の労働者の中でも、30〜40%程度の人が非正規雇用で仕事をしているとも言われています。

 

非正規雇用の場合、どうしても正社員と比較すると収入が少ないです。また正社員の方で受け取っていることの多いボーナスも受け取ることはできません。しかもいつクビになるかわからない不安定な環境の中で仕事をしています。お金に困って、カードローンを利用したいという人もいるでしょう。

 

結論から言いますが、派遣社員や契約社員、アルバイトのような非正規雇用でもカードローンを利用することは可能です。特に消費者金融系のカードローンは、非正規雇用の方に積極的に融資をする傾向が見られます。

 

基本的にどこでも借り入れOK

非正規雇用でもカードローンの利用は十分可能です。消費者金融の他にも、信販系のカードローンでも利用できるケースが多いです。

 

銀行カードローンと言われると、かなり審査のハードルの高いイメージを持っている人もいるでしょう。確かに少し前までは、正社員でないとカードローンの審査通過は厳しいといわれていました。しかしバンクイックやみずほ銀行カードローンなどは非正規雇用でも柔軟に対応してくれる傾向が見られます。非正規雇用でも、数多くの選択肢があると思ってください。

 

その中でも確実に借り入れができるようにしたいと思っているのなら、消費者金融系のカードローンがおすすめです。系統別に審査の難易度を見てみると、消費者金融はハードルが低く設定される傾向が見られるからです。また即日審査・即日融資に対応しているところが多いですから、急な出費で当日中に現金がとにかく必要な時など重宝するはずです。

 

非正規雇用がカードローンを利用する際の注意点

非正規雇用の方がカードローンを利用する場合、少しでも審査の心証を良くすることが大事です。そのためには、まず職場を固定することが大事です。カードローンの審査の基本として、安定・継続的な収入のあることが条件です。そのためには、現在の職場で長く仕事をしていた方が安定した収入が見込める印象を相手に植え付けられます。

 

できれば、1年以上にわたって同じ職場で仕事をすることが大事です。もし今の職場を辞めようと思っているとか、転職を検討しているのであれば、転職する前にカードローンの申し込みをした方が審査通過の可能性が高まります。

 

派遣社員として仕事をしている人の中には、組合保険や社会保険に加入できるケースもあるでしょう。もし組合保険や社会保険に加入できるのであれば、加入しておくとカードローンの審査に有利になります。特定の派遣会社に所属していることが証明でき、仕事が安定していることをアピールできるからです。

 

切羽詰まっていてお金をとにかく早く借りたいと思っている人で、ついいくつものカードローン会社に申し込んでしまうケースも多いでしょう。しかし同時に多数のカードローン会社に申し込むのは、かえって審査通過を厳しくします。信用情報には、いつどこに申し込みをしたか、情報が登録されるからです。

 

短期間に数多くのカードローン会社に申し込みをしていれば、よほどお金に困っていると思われがちです。そのような人にお金を貸しても、債権回収の見込み薄ですから審査で落としてしまうのです。特に1か月以内に3社以上に申し込みすると、いわゆる申し込みブラックの状態になって、審査で落とされるリスクが高まります。審査に受かりそうなところを厳選して、1社ずつ申し込みをするのがよりお金を借りるために有効な方法です。非正規雇用でもカードローンは利用できますが、申し込み先は慎重に選択することが何よりも重要です。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら