きちんと働いているのに…個人事業主が審査に受かりにくい理由

個人事業主がカードローンを利用しにくい理由

 

 

カードローンは仕事をしている人であれば、基本的に融資対象になります。ただし個人事業主はサラリーマンと比較すると、カードローンによる借り入れが難しくなります。きちんと仕事をしている個人事業主も多いでしょうが、融資を受けにくいのにはいくつか理由があります。

 

まずは収入が一見すると低くなることです。サラリーマンの場合、仕事のための必要な経費は多くのケースで会社が負担してくれます。しかし個人事業主の場合、経費は自分で負担しないといけません。そして経費は所得から差し引くことが認められています。経費が多ければ多いほど、節税効果も期待できます。

 

個人事業主がカードローンの審査を受けるときに、収入証明書として確定申告のコピーを提出することもあります。この時、経費を多く計上していると所得は少なくなってしまいます。それが「収入が低くて債権回収不能のリスクが高い」と判断されてしまって、融資を受けられない事態に発展しかねません。

 

もう一つ個人事業主が融資を受けにくい理由があります。それは収入が安定しないことです。サラリーマンや公務員の場合、月々確実に給料が入ってきます。このため、カードローン会社としてみれば、貸したお金は給料で少しずつでも返済してもらえるという心証になります。

 

ところが個人事業主は、仕事を受注しないと報酬は入ってきません。個人事業主の方は心当たりがあるはずですが、月によって収入の増減があるはずです。カードローン会社は融資の可否基準として何よりも安定的・継続的な収入のあることを重視します。その部分でも個人事業主は、融資でネックになるのです。

 

例えば病気にかかったとか、事故に巻き込まれけがをしてしまった時に個人事業主の方がしばらく働けなくなることもあります。そのような時に一銭も収入がなくなることも考えられます。このような事情もあって、個人事業主の融資判断はサラリーマンと比較すると辛めになってしまうのです。

 

個人事業主向けのローンの利用の検討を

上で紹介した事情から、サラリーマンや公務員と比較すると個人事業主のカードローンの審査は厳しくなります。ただし現在行っている事業が長く、比較的安定した収入で推移していれば融資を受けられる可能性は十分あります。カードローン会社によって判断は分かれますが、一般的に3年以上現在の事業が継続できていれば融資を受けられる可能性は出てきます。

 

その他にも個人事業主がお金を借りる方法はあります。それは個人事業主向けのローンを活用する方法です。銀行や信販会社、消費者金融などで多く取り扱っています。

 

個人事業主向けのローンの特徴として、事業性資金として融資を受けたお金を利用できる点に注目です。カードローンはフリーローンの一種で、基本何に使っても構いません。ただし事業性資金は例外として認められていないのです。

 

個人事業主の中には、事業のための運転資金が必要で借り入れを検討しているケースもあるでしょう。そのような場合には、カードローンではなく個人事業主向けのローンに申し込むべきです。ちなみに個人事業主の収入の低さに関しても事情を考慮して融資してくれますから、重宝するローンといえます。

 

もう一つ、個人事業主向けローンの特徴として、総量規制の対象外であることにも注目しましょう。通常貸金業者は、その人の年収の1/3を超えて融資してはならないというルールがあります。しかし事業を営むためにお金を借りたい場合、個人事業主向けローンはその人の年収の1/3を超えて融資することも可能です。

 

個人事業主向けローンを利用する場合、収入証明書の提出はほぼ不可欠です。ですから申し込みをする前には、確定申告書の写しを準備しておきましょう。もう一つ注意点として、カードローンのように即日審査・即日融資には対応していません。1週間くらい融資までに時間のかかるケースも見られますから、早めに申し込みするのがおすすめといえます。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら