公務員は最高ランクの評価・でもその前に…

最強スペックの公務員

 

 

カードローンの審査では、その人がどのような仕事をしているか必ずチェックします。仕事の判断基準ですが、安定的な収入を得ているかどうかが重視されます。収入の多少よりも安定的な収入の方が大事です。その意味では、公務員はカードローンの職業審査の中でも最強と言っても過言ではありません。

 

公務員はいわゆる給与所得者で、毎月給料が発生します。このため、お金を貸しても給料を使って返済することは十分できるはずです。

 

サラリーマンも給与所得者ですから、この部分は一致します。しかしサラリーマンの場合、怖いのは将来にわたって身分保障されていない点も無視できません。業績悪化に伴うリストラとか、場合によっては勤め先そのものが倒産の憂き目に遭ってしまうことも考えられます。

 

しかし公務員の場合、勤め先が公共の施設です。倒産といったことを考える必要がありません。しかも公務員の組合は大変強い力を持っているとされています。よほどのことでもしでかさない限り、クビにされるリスクも低いです。つまり将来にわたって、継続して安定した収入を得られることが見込まれ、カードローンも高く評価するわけです。

 

過去にローンやカードの借入で、滞納したとか債務整理をしたことがあって、信用情報に傷がついていれば話は別です。それ以外であれば、公務員の人はどのカードローンでも借り入れは十分可能でしょう。低金利のカードローンを選んで申し込みたいところです。

 

カードローンの前に共済組合を利用しよう

カードローンでお金が足りない場合に借り入れするのも良いですが、その前にほかのところを利用することも検討しましょう。公務員の場合、共済組合から借り入れをすることも可能です。しかも共済組合の借入の場合、カードローンと比較すると圧倒的に低金利で融資を受けられます。

 

ただし共済組合の場合、目的別ローンと言って融資したお金を特定の目的で使用しないといけません。カードローンのように、融資されたお金を自由に使って構わないわけではない点に注意が必要です。以下で詳しく紹介しますが、目的に合致するのであれば共済組合からの借入も検討しませんか?

 

普通貸付

公務員が共済組合からの借入をする時に、最も多く利用するシステムです。臨時にお金が必要になって、手持ちが足りなくなったときに利用できます。一般的には自動車や家電といったものの購入資金として使われます。給料の6倍もしくは200万円のいずれか低い方が適用され、金利は2.66%です。

 

住宅貸付

文字通り、住宅の購入やリフォーム、増改築をするための資金を融資してくれる制度です。融資を受けられる金額ですが、共済組合に1年以上加入実績のある人で、加入期間に応じて上限が決められます。こちらも金利は2.66%です。

 

一般災害貸付

一般災害貸付とは、水害や火災、震災といった災害によって何らかの損害を受けたときに融資を受けられる制度です。給料の6倍もしくは200万円までのいずれか低い方で、金利は2.22%になります。この他にも医療貸付や入学貸付、結婚貸付、出産貸付、葬祭貸付といった制度も用意されています。

 

カードローンの金利ですが、初回借入時には消費者金融で18%、銀行カードローンでも13%前後くらいの金利になります。共済の貸し付けの場合、上で紹介したようにどの貸付も2%台で推移しています。まずは共済組合の借入を検討し、急な出費などで時間的猶予のない場合には審査のスピーディなカードローンを利用するといった使い分けをすると良いでしょう。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら