契約が無効になってしまうリスクアリ…それでもお金を借りたいなら?

原則未成年者がカードローン利用するのは不可能

 

 

大学に入学していろいろと出費が増えて、手持ちがなくなった、お金を借りたいと思う人も出てくるでしょう。しかし結論から言ってしまいますが、基本的に未成年者がカードローンを利用することはできないと思った方が良いでしょう。学生でもバイトなど仕事をしていれば、お金を借りることはできます。しかし20歳以上でないと融資をしないという姿勢を見せているカードローン会社がほとんどです。

 

未成年者の権限は制限あり

なぜカードローンを未成年者が利用できないかと言えば、法律行為に対する制限があるからです。これは民法で規定されていて、未成年者が法律行為を行うためには法定代理人の同意を取り付ける必要があります。法定代理人という聞きなれない言葉が出てきますが、簡単に言えば保護者の同意が必要なわけです。

 

たとえばカードローンを利用するにあたって、未成年者と法定代理人の同意なく貸借契約を結んだとします。しかしこの場合後でお金を借りた人の両親から「子供が勝手に契約したことだから無効です」と言われてしまうと、その通りで契約そのものがなかったことにされてしまいます。

 

契約無効になった場合の融資したお金の行き場は?

もし両親が「子供が勝手にお金を借りた今回の契約はなかったことにしてもらいたい」と言われた場合、貸したお金はどうなるのでしょうか?法律上、借りたお金をそのまま返還してもらう形になります。ちなみに通常ならかかる利息に関しては、一切付けられません。

 

すぐに契約が無効だとして返還要求できればいいですが、場合によっては子供が借りたお金をすでに使っている可能性も考えられます。このようなケースでは、手元に残っているお金だけを返還する形になって、すでに使われてしまったお金は返還の義務はありません。

 

このようにカードローン会社にとって未成年者と契約することは、あまりにリスクが大きすぎます。このような未成年者にわざわざお金を貸す危険は冒したくない、だから未成年者との契約を認めていないカードローン会社が多いわけです。

 

未成年者はお金を借りられない?

普通のカードローン会社では、未成年者がお金を借りるのはかなり厳しいと思った方が良いです。ではお金を借りる所は全くないのかと言えば、少し話が違います。未成年者でもお金を借りる方法はあるにはあります。

 

学生ローンの利用

未成年者がお金を借りる方法として、学生ローンを利用する方法があります。文字通り学生をターゲットにしたローンで、一部学生ローンには「高校生を除く18歳以上」を融資対象にしています。

 

学生ローンは、少額融資が中心の商品です。カードローンを見てみると、300万円とか500万円といった高額の融資に対応しています。しかし学生ローンの場合、せいぜい50万円が上限だと思いましょう。また金利に関してですが、学生ローンはほかのカードローンと比較して低いわけではありません。

 

店舗もしくはインターネットで申し込みできるところが多いです。申し込み手続きする場合には、身分証明書を持参する必要があります。

 

クレジットカードの活用

カード会社の中には、未成年の学生を対象にしたクレジットカードの発行をしているケースがあります。クレジットカードはショッピング枠の他にも、キャッシング枠があります。このキャッシング枠を利用すれば、お金を借りることも可能です。

 

クレジットカードに未成年者が申し込みをする場合には、親の同意が必要です。その他には申し込みをする学生の身分証明書も必要になります。

 

このように普通のカードローンを利用するのは未成年者の場合、かなり難しいでしょう。しかし上で紹介したように、他にも借り入れする方法はあります。ただし借りたお金はいずれ利息をつけて返済することになります。借りたお金を本当に返済できるのか、返済計画をきちんと立てたうえで借り入れすることが大事です。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら