総量規制という名の壁の存在に注意

総量規制が専業主婦借入の壁に

 

 

専業主婦が家計のやりくりに困ってカードローンを利用する場合、壁が一つ立ちはだかります。それが総量規制というものです。総量規制とは貸金業法の中に設定されている項目で、その人の年収の1/3を超えて貸し出すことのできないルールのことです。専業主婦の場合、自分の名目での収入がゼロです。ゼロに1/3を掛けてもゼロのまま、つまり借入ができないわけです。

 

専業主婦の場合、こうしてみると借入ができないと思うかもしれません。しかし収入のまったくない専業主婦でも借り入れできる方法はいくつかあります。

 

配偶者貸付は期待できない

総量規制のもとでは専業主婦は借り入れができないと紹介しましたが、細かく規則を見ると例外があります。それは配偶者貸付を利用すれば、専業主婦でも借り入れできるというものです。配偶者貸付とは、配偶者に安定した収入があれば、配偶者の年収の1/3を上限として専業主婦でも借り入れできるという規定です。この配偶者貸付を利用すれば、理論上専業主婦でも借り入れはできます。

 

しかし現実問題、配偶者貸付に対応している貸金業者が多くないのです。ちなみにテレビコマーシャルでしばしば放映されているような大手の消費者金融で、配偶者貸付に対応している所は皆無です。主婦が借入を行う場合、パートなどの収入を自身でも持っている人に限られます。

 

ちなみに配偶者貸付を行っているカードローン会社は、以下のような所です。

 

ベルーナノーティス

ベルーナという通販を知っている人はいませんか?このベルーナのカードローン部門を、ベルーナノーティスと言います。女性専用にカードローンサービスを実施しています。100万円までの融資に対応していて、金利は15〜18%となっています。コンビニや銀行と提携していて、各種ATMを使ってサービス利用できます。

 

エレガンス

エレガンスはあまり聞きなれないカードローン会社かもしれません。しかし40年以上の歴史のある、女性のためのカードローン会社です。50万円までの融資に対応していて、オームページなどで配偶者貸付に関してもていねいに説明しています。ちなみに金利は10〜20%となっています。

 

レディースフタバ

レディースフタバも小規模のカードローン会社ですが、50年以上にわたってサービス提供を行っているカードローン業界の中でも老舗の業者です。50万円までの融資に対応していて、15〜18%の金利設定になっています。即日振込にも対応していて、急な出費で手持ちのないときには大変重宝するカードローン会社です。

 

配偶者貸付をするためには、必要な書類があります。カードローン会社で若干の違いがあるかもしれませんが、以下の書類は必要になると思いましょう。

 

  • 結婚証明書
  • 本人確認書類
  • 配偶者の収入証明書
  • 配偶者の同意書

 

銀行カードローンなら専業主婦でもOK

総量規制は貸金業法の中に書かれていることで、ルールを順守しなければならないのは消費者金融や信販会社の貸金業者が対象です。銀行は貸金業者ではないため、貸金業法の影響を受けることもないです。ですから総量規制の影響を受けることなく、融資に対応しています。

 

銀行カードローンの中には専業主婦にも融資をしていて、配偶者の同意なしでも借り入れできます。専業主婦の本人確認書類だけで手続きできます。配偶者の同意の必要もないわけですから、配偶者に内緒でカードローンを利用することも可能です。

 

ただし専業主婦がカードローンを利用する場合、借入限度額は少なめに設定されていますからその点は注意しておきましょう。多くの銀行カードローンが30万円まで、楽天銀行は比較的高めですが50万円が借入の上限となります。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら