カードローンの数を増やす際に注意すること 

今使っているカードローンの利用限度額ではどうしても物足りない、と思っている人が少なくありません。毎月の収入を無視した借入はできないことは分かっていても、もう少し貸してくれないと欲しい物が買えないし、やりたい事ができないという不満を抱いています。

 

どうしても増額してもらいたい場合は、カードローンには継続的な利用と確実な返済をしていると、利用限度額を増額してくれるものが多いので、消費者金融に要請してみるのも一つの方法です。

 

ところで、最近は消費者金融ごとに無利息期間やポイントサービス、手数料無料のネットキャッシングなど、色々なサービスが提供されているので、利用限度額のことだけではなく、そういったサービスを利用するためにカードローンの種類を増やす人もいます。

 

ただし、カードローンを増やす上で注意の必要なのが、総量規制です。

 

関連ページ:実はデメリット!同時申し込みがNGな理由

 

貸金業法における総量規制

 

貸金業法は一昔前、消費者金融が法定利息をはるかに超える金利によって貸出を行っていたために、借入金を返済できずに自己破産したり、自殺する人まで現れたりしたことから、消費者金融の貸出金利と融資額を規制するために制定された法律です。

 

貸金業法の主な目的が、総量規制と上限金利の引き下げです。

 

総量規制によって、消費者金融は借入申込者の年収の3分の1を超える貸出が禁止されました。また、申込者に50万円を超える貸出をする場合、若しくは、他社からの借入額を加えると申込者の借入総額が100万円を超える場合は、年収を証明する書類の受領が義務付けられました。

 

この総量規制によって、カードローンの利用者も安易な借入ができなくなり、常に自分の収入を念頭に置きながら、借入の申込をせざるを得なくなっています。

 

なお、総量規制はあくまでも消費者金融やクレジット会社などの貸金業者に適用される法律です。銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象にはなりません。最近は消費者金融の審査が厳しくなっているため、借入残高は少なくてもカードローンの利用件数が3件を超えると、貸出を拒否されるようになっています。そういう時には、銀行のカードローンを利用するのも一つの手です。

 

ただし、利用者の借入状況に関しては、消費者金融も銀行も同じ情報を共有しているため、消費者金融の借入残高には関係なく借入ができるということはあり得ません。

 

適正な借入が最重要!

 

いずれにしても、総量規制を無視した借入は不可能です。総量規制では年収の3分の1となっていますが、適正な借入限度額というのは年収の4分の1と言われています。くれぐれも無謀な借入は禁物です。

 

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
コレはNG!何回ものカードローン申し込み
専業主婦向けのカードローンの条件
カードローン審査で嘘はバレる!誤魔化しは不可能です!
申し込み前の疑問点解決!審査前の要チェックポイント
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
時には解約も検討!理想的なカードローンの利用法
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
今後の利用に備えて信用機関で利用履歴を把握
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
銀行系カードローンの保証会社は消費者金融が行う
キャッシングの審査に落ちる理由は何?
金融機関各社の仮審査比較
キャッシング審査の必要書類まとめ