信用機関を閲覧して自分のローン利用履歴を把握しておきましょう。

審査に落ちたことがあるなら見直しておきたいこと

 

人の記憶能力には限界があります。少し前のことなら記憶に新しいかもしれませんが何年も前のことになると記憶がぼやけてきます。多額のお金の貸し借りをしたことがあるなら金額は覚えているかもしれませんが、いつ取引したのかまでは忘れてしまいがちです。

 

カードローンの審査を受けて何度も落ちたことがある人は次の審査申し込みの時要注意です。これまでに受けた審査に関する情報が次に受ける審査に大きく影響してくるからです。

 

信用機関の情報は利用者も閲覧できます

 

カードローン会社は申込者の審査をする時に必ず信用機関にあるその人のデータ、つまり利用履歴を調べます。

 

借り入れ金額、返済状況(延滞したことがあるかどうか)現在どこかの金融業者から借り入れ中かどうかなどの情報を見ることによって申込者の信頼度を判断します。

 

しかしこの信用機関、融資する側のみならず借り入れする側も閲覧できるのをご存知だったでしょうか。実は自分自身の情報であれば照会してもらうことができるのです。

 

信用機関とか利用履歴、と聞くと重苦しいイメージで見ることを躊躇する人もいるかも知れません。でも自分自身の利用履歴はしっかりと把握しておくことが大切です。

 

もしかしたら過去に審査に落ちたことがあるかもしれません。

 

または返済時に一度でも延滞したことがあったでしょうか。あるいはカードローンを契約したまま何年も利用したことがないという状態でしょうか。

 

今後の審査で問題になりそうな履歴が浮き彫りになるかも知れません。

 

もし今までの利用履歴を自分できちんと保管していたのであれば大丈夫ですが、いちいち記録していなかったという人の場合はカードローンを申し込む前にぜひ信用機関を利用してご自分の利用履歴を把握しておいてください。

 

その履歴によっては今すぐには申し込まないほうがいい場合もあります。

 

カードローンの審査に影響する情報は意外と多い

 

実は自分でも気がつかないところにカードローンの審査に影響する情報があったりします。それが自宅の固定電話がない、またはあっても電話番号を書かなかった、など極小さいように思える事柄であっても今後の審査に影響する場合があります。

 

信用機関で自分の情報を調べるなら、自分では見落としがちな情報やうっかり忘れていたことまで思い出させてくれるかも知れません。今後のカードローン利用に備えてあらかじめ自分の情報を整理しておくのは大切なことです。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
コレはNG!何回ものカードローン申し込み
専業主婦向けのカードローンの条件
カードローン審査で嘘はバレる!誤魔化しは不可能です!
申し込み前の疑問点解決!審査前の要チェックポイント
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
時には解約も検討!理想的なカードローンの利用法
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
複数のカードローンを作るなら総量規制に注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
銀行系カードローンの保証会社は消費者金融が行う
キャッシングの審査に落ちる理由は何?
金融機関各社の仮審査比較
キャッシング審査の必要書類まとめ