カードローンに申し込む前に疑問点を解決

よくある三つの質問について疑問点を解消していきましょう。

 

カードローンを申し込む際に不安がある方へ

クレジットカードの申込をされたことがある方、もしくは、キャッシングの申込をされたことがある方でしたら、似たようなポイントがありますので、それほど難しくはないと思います。

 

クレジットカードやキャッシングの申込の経験がない方にとっては、申込書の記入ひとつにしても、いろいろな不安が生じると思います。

 

また、規約を読んでもよくわからない、ということは誰にでもあることですので、恥ずかしいことではありません。

 

カードローンを申し込まれる場合の、疑問点を順に解決していきましょう。

 

カードローン申し込みに際してよくある3つの質問についてみてみましょう

 

カードローンは誰でも申込が可能なのでしょうか?年齢制限はどのようになっているのでしょうか?

カードローンの申込の年齢基準は20歳以上とされています。20歳というのは、言い換えれば成人に達しているということです。つまり、学生であっても、年齢が20歳に達していれば、申し込む資格はあるということです。

 

それでは、年齢の上限はどうなのでしょうか。

 

実は、上限の年齢については記載されていないようですが、おおむね70歳くらいと考えられます。返済能力を考慮した場合に、このあたりの年齢が妥当なのではないでしょうか。

 

身分を証明できるものが必要?

代表的なものは、運転免許証やパスポート、もしくは健康保険証でしょうか。また、公的な身分証明として、住基カードというのも使えるでしょう。

 

これらは、コピーをとって申込書に同封して送付します。場合によっては、誰でも所持が可能な運転免許証や住基カードよりも、会社勤めを証明できる健康保険証の方がより効力があるようです。

 

保証人が要るかどうか?

カードローンの申込に際しては、保証人は不要です。保証人は不要なのですが、収入のない主婦の方が申込をされる場合は、返済能力を証明するために、ご主人の収入が調査の対象となるでしょう。

 

主婦の方がカードローンに申し込まれる場合は、家族の方の同意を得ておくことが必要でしょう。

 

まとめ

以上の3点を先に理解されておくといいでしょう。よくある3つの質問について説明させていただいたのですが、ご理解いただけましたでしょうか。

 

クレジットカードやキャッシングなどの申込もしたことがなく、カードローンが全くの初めて、という方にとっては、申込書の記載にも時間がかかるとお察しします。

 

長文の利用規約は読むのは簡単ではありませんが、とても重要なことが書かれていますので、時間をかけてもじっくり読み通すことをおすすめいたします。

 

申込書の記入に際しては、記入漏れがないように充分に注意を払って、間違いのないように記入しましょう。

 

申込書の記入例に倣って順に記入していけば、それほど難しいことではありませんので、安心してください。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
コレはNG!何回ものカードローン申し込み
専業主婦向けのカードローンの条件
カードローン審査で嘘はバレる!誤魔化しは不可能です!
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
時には解約も検討!理想的なカードローンの利用法
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
今後の利用に備えて信用機関で利用履歴を把握
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
複数のカードローンを作るなら総量規制に注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
銀行系カードローンの保証会社は消費者金融が行う
キャッシングの審査に落ちる理由は何?
金融機関各社の仮審査比較
キャッシング審査の必要書類まとめ