キャッシングの仮審査を比較してみた!

キャッシングに申し込む前にまずは仮審査を試してみましょう!基本的な情報を入力するだけで融資の可否を手軽に判断することができます

 

金融機関各社が提供する仮審査について確認してみましょう

キャッシングに申し込んで審査に落ちてしまうと時間や手間などが無駄になってしまいますし、また精神的にもダメージを受けることになります。さらに審査に落ちてしまうと申し込みの履歴が信用情報機関に登録されますので審査などに影響を及ぼすことになるのです。

 

キャッシングの申し込みに不安を感じるという人には、仮審査の積極的な活用をおすすめします。今回は金融機関各社が提供する仮審査について、その具体的な内容などをさらに詳しく確認してみたいと思います。

 

SMBCモビットが提供する「お借入診断」について

お借り入れ診断」は、SMBCモビットが提供する仮審査になります。「生年月日」「年収(税込み)」「他社借り入れの金額」の3項目を入力するだけで、手軽に利用することができます。他社借り入れの金額については、カードローンなどの利用額の合計を入力してください。住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンや、クレジットカードのキャッシング枠などの利用については除外しても大丈夫です。SMBCモビットの場合には「お借り入れ診断」以外に「10秒簡易審査」というサービスを提供しています。10秒簡易審査については仮審査とは異なり、本審査の申し込みの一部となりますので注意をしてください。10秒簡易審査ではかなり精度の高い審査が行われますので、その後の在籍確認などに問題がなければほぼ間違いなく本審査にも通過することができるようです。また10秒簡易審査を利用した場合に申し込みなどの履歴が信用情報機関に登録されるのかどうかについては、今のところ不明となっています。

 

>>SMBCモビットの審査申し込みページへ

 

プロミスが提供する「お借入診断」について

プロミスでも「お借入診断」という仮審査を提供しています。また広告などによっては「3秒診断」などと表記されている場合もあるようです。入力が必要な項目は「生年月日」「年収」「他社借り入れの金額」の3つであり、かなり精度の高い診断が期待できます。例えば借り入れ希望額99万円、年収300万円の条件で試してみると、他社の仮審査では「借入可能」と診断されるのですが、プロミスでは「借入不可」と診断されることになります。年収が300万円の場合には総量規制により借入の限度額は100万円までに制限されますので、99万円の借入を申し込んだ場合には理論上は認められることになるのですが、実際の審査ではより慎重に判断されて限度額ギリギリの申し込みは通らないケースが多いようです。プロミスのお借入診断は、実際の審査に近い精度の高い仮審査だといえるでしょう。

 

>>プロミスの審査申し込みページヘ

 

アイフルが提供する「1秒診断」について

1秒診断」はアイフルが提供する仮審査です。必要な項目を入力して申し込むと、約1秒で仮審査の結果が判明します。入力が必要な項目は「年齢」「年収」「雇用形態」「他社借入の金額」となっています。アイフルの場合には他社借入の金額を入力する場合には、銀行系カードローンやクレジットカードなどの利用額を含めた合計金額の入力が必要になります。その分だけ正確で精度の高い診断が期待できるようです。

 

>>アイフルの審査申し込みページヘ

 

アコムが提供する「3秒診断」について

アコムでは「3秒診断」という仮審査を提供しています。利用するためには「年齢」「性別」「独身か既婚か」「他社借入の件数」「他社借入の総額」などの情報を入力することが必要です。これまでにご紹介した他社の仮審査とは異なり、年収の条件を入力する必要がないため、審査の精度については他社よりも若干低くなるかもしれません。ただしアコムは三菱UFJ銀行の保証会社を務める信頼性の高い業者ですので、安心して利用することができるはずです。

 

>>アコムの審査申し込みページへ

 

レイクが提供する「お借り入れ診断」について

お借り入れ診断」は、レイクが提供する仮審査です。「生年月日」「年収(税込み)」「他社借り入れの件数」「他社借り入れの金額」などを入力することで、融資の可否を手軽に診断することができます。他者借り入れの項目については、住宅ローンには除外することが認められています。レイクの場合には消費者金融系カードローンではなく銀行系カードローンに該当しますので、借り入れの限度額を年収の3分の1までに制限する総量規制は適用されません。借り入れの限度額は最大で年収の2分の1程度までが認められるようです。ただし実際の利用限度額については、申込者の各種属性情報に基づいて審査により決定されることになります。

 

>>レイクの審査申し込みページへ

 

ノーローンが提供する「お試し診断」について

ノーローンでは仮審査として「お試し診断」のサービスを提供しています。「年齢」「年収」「他社借り入れの件数」「他社借り入れの金額」「他社における延滞の有無」などの情報を入力することが必要です。ノーローンの場合には他社ではあまり見かけない「他社における延滞の有無」という項目があります。他社における延滞がある人の場合には、仮審査に通過することはできません。ノーローンは比較的審査が厳しいカードローンだとされているのですが、仮審査にも審査の厳しさが反映されているようです。

 

まずは気軽に仮審査を試してみましょう

今回は金融機関各社が提供している仮審査について、その具体的な内容などを確認してみました。かなり精度の高い正確な仮審査を提供している金融機関もありますし、またあくまでも簡易的な審査を提供している金融機関などもあるようです。

 

仮審査はあくまでも基本的な情報に基づく簡易的な審査となりますので、実際の本審査とは結果が異なる場合などもあります。ただし審査に申し込むための目安としては十分に役立ちますので、本審査に申し込む前に積極的に試してみることをおすすめしたいと思います。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
コレはNG!何回ものカードローン申し込み
専業主婦向けのカードローンの条件
カードローン審査で嘘はバレる!誤魔化しは不可能です!
申し込み前の疑問点解決!審査前の要チェックポイント
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
時には解約も検討!理想的なカードローンの利用法
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
今後の利用に備えて信用機関で利用履歴を把握
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
複数のカードローンを作るなら総量規制に注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
銀行系カードローンの保証会社は消費者金融が行う
キャッシングの審査に落ちる理由は何?
キャッシング審査の必要書類まとめ