カードローンを何度も申し込むのはやめましょう

時には引くことも大切です

 

カードローンを利用する際にはもちろん審査が存在します。担保をとらない以上、貸し手がリスクを避けるために貸し出し先を精査するのは当然のことです。

 

この審査も、経済状況の悪化した近年では厳しくならざるを得なくなっており、申し込みをしたものの落とされてしまったという方もけっこうおられるのではないでしょうか。

 

一度落ちてもめげずに何度も同じカードローンに申請をする方がおられますが、実はこれは逆効果でしかありません。カードローン会社は利用者の信用履歴というものを常に参照しており、ここには申し込みの履歴から審査落ちの事実まできちんと記載されています。

 

一度落とされた審査に再び申し込んでも、同条件である限り、審査に通ることはありません。仮審査の時点で跳ねられて終わりでしょう。

 

同じ会社に何度も申し込みをしてはいけません

 

更に言うと、執拗な申し込みは貸し出す側に「この利用者はかなりお金に困っているのではないか」という疑念を持たせることになります。

 

実際に複数のカードローン会社に何度も申請をすると、審査がさらに厳しくなると言われおり、こういった点においても、申し込みを繰り返すのは避けたほうがいいと言えるでしょう。

 

もし、どうしてもお金が必要であるならば、審査がやさしめのカードローンをきちんと調べて、そこに一点買いで申し込むというのが有効です。消費者金融系のカードローンは緩やかな基準と迅速な審査を特徴とする会社が多いので、このあたりを調べてみるとよいのではないでしょうか。

 

時間を空けることも必要です

 

短期間における連続した申し込みは信用履歴に傷をつけると上で述べましたが、逆に言えば、冷却期間を置くことで審査基準をパスすることができるようになる場合があります。

 

信用履歴は常に更新され続けていますから、時間を空けることで状況が良い方向へ変化することも大いにありうるわけです。

 

どのみち、一度審査に落ちたなら、短期間に何度も申し込みをしたところで審査には通らず、状況は悪化する一方です。先のことを見据えて、冷却期間を置くというのもひとつの有効な選択肢なのです。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
専業主婦向けのカードローンの条件
カードローン審査で嘘はバレる!誤魔化しは不可能です!
申し込み前の疑問点解決!審査前の要チェックポイント
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
時には解約も検討!理想的なカードローンの利用法
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
今後の利用に備えて信用機関で利用履歴を把握
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
複数のカードローンを作るなら総量規制に注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
銀行系カードローンの保証会社は消費者金融が行う
キャッシングの審査に落ちる理由は何?
金融機関各社の仮審査比較
キャッシング審査の必要書類まとめ