理想のカードローンを手に入れるためには解約も視野に

理想のカードローンを手に入れるために

 

カードローンを申し込む以上、理想の条件は人によって異なると思います。金利が低いのが最優先だとか、出来る限り限度額が高いもの等々…カードローンの理想は人によって様々です。

 

しかしどのような条件にも言える事は、カードローンのいいところが欲しいなら、他の面でもいいものにしないといけないと言うことです。部分的に良くすると言うのは難しいでしょう。

 

特に金利と限度額は密接した関係にあり、両方を良くするということを原則としないと、条件を良くするのは難しいでしょう。

 

カードローンを何度も利用していくうちに「最高の条件のカードが欲しい!」と思ってしまうのは当然かと思います。しかし、あなたが思う理想のまま作るとなると、最高の条件に届かない事が多いでしょう。

 

このままでは、カードを複数所持するような形になってしまうかもしれません。そんなことをするくらいなら、思い切ってしまうのも時には必要です。

 

今あるカードを解約し、次に生かす

 

今のカードローンに不満があれば、思い切って解約してしまうのも1つの方法なのです。カードを作るのは大変で、やっとの思いで作った物だから勿体無い…と思っている方もいるでしょう。

 

確かにそれも一理あります。収入や資産に大きな余裕があれば、解約しなくても構いません。ではカードローンを解約し、新たにカードを作る際はどうすればいいのでしょうか。

 

ここで注意すべき点としては、信用機関に記録されている情報です。ここにはあなたの借り入れや審査の可否、事故記録が残っています。この情報には、カードローンを所持しているという事自体も記録されています。

 

カードローンを持っていると使用していないのに、その記録に契約中と記載されます。実はローン会社によっては、カードローンを契約しているだけでも「借り入れと同等に扱う」事があるのです。借り入れがある状態になっていては、審査に大きく響きます。

 

そのため、カードローンの契約自体が審査に支障をきたす可能性が十分に考えられます。しかし、信頼実績を積む為にはカードローンを所持して使うのが近道なのも事実です。

 

そのため本命のカードを作る前に、そこそこのカードローンを作って利用し、信頼と実績を積み上げたと判断すれば、そこで止めて新たなカードを申し込む…という方法は、あなたの理想のカードを持つためには有効と言えます。

 

思い切った決断までは慎重に行動を

 

今現在使っているカードに、借入枠の見直しが可能な部分であった場合、積み上げた信頼を利用した方が楽なこともあります。最初から本命のカードローンを作り、時を置いて限度額を拡張していく…と言う方法も選択肢としては魅力的でしょう。

 

解約には思い切った決断が必要です。しかしそれを判断するまでは「今の会社に再審査があるのかどうか、そして最大でどれくらい良くなるのか」というところをしっかり確認しておきましょう。

 

大胆な決断には慎重な行動が必要です。特にカードローンはお金に関わる話ですので、踏まえておきたいポイントと言えます。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
コレはNG!何回ものカードローン申し込み
専業主婦向けのカードローンの条件
カードローン審査で嘘はバレる!誤魔化しは不可能です!
申し込み前の疑問点解決!審査前の要チェックポイント
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
今後の利用に備えて信用機関で利用履歴を把握
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
複数のカードローンを作るなら総量規制に注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
銀行系カードローンの保証会社は消費者金融が行う
キャッシングの審査に落ちる理由は何?
金融機関各社の仮審査比較
キャッシング審査の必要書類まとめ