カードローン審査を誤魔化すことは可能?

あなたはカードローンの審査を誤魔化すことは可能だと思いますか?答えは不可能です。

 

カードローンを申し込む際、必ず審査を受けることになります。審査の際には申し込んだ者の名前や住所の記入を始め、身分証明証のコピー等といった私たちの個人情報を送らなければなりません。

 

とはいえ悪い言い方になってしまいますが、こういった情報はいいかげんであったり、実際と異なっていたとしても調べるには限度があります。嘘を吐いた場合、後のカードローンの審査時に大変な負の要素となりうるのですが、そこはカードローン会社の方もやはり想定しているものです。

 

そうなると今までのお金の借り入れ等といった、カードローンにおいて大きく関係する情報を最低限把握しておかなければなりません。

 

全ての情報を記録する信用機関

 

カードローン会社は信用機関というところを利用するのです。

 

信用機関とは人々の信用情報が集まる場所です。信用機関には今までのカードローンの申し込みやその審査からお金の借り入れ状況、さらには支払いの遅延が以前にあったかどうかなどのまさにローンに関係する情報がそのまま記録されているのです。もちろんあなたの情報も記録されています。

 

そのため同時の申し込みだとか、同一のところへの再申し込みの情報も記録されており、当然このような情報があれば審査において不利になることはお分かりいただけるでしょう。

 

従ってどれだけ申し込み時に自分を良く見せようとしても、信用機関の情報は一切偽ることができません。つまり審査時はあなたのローンの「履歴」が反映されるのです。特に支払いの遅延という情報は致命的な負の要素となり得るもので、酷いときには仮審査の段階で落とされてしまいます。

 

ちなみに世間では破産宣告された方をブラックリストと呼ばれています。この言葉自体は別に専門用語ではなく俗称にすぎません。

 

しかしながらこの破産宣告の情報も当然に記録として残り続けるため、カードローンやクレジットカード等においても審査自体されることなく断られることになるでしょう。

 

カードローン審査と「履歴」の情報

 

信用機関の全ての記録は保存期間が決まっており、その期間が過ぎれば白紙に戻ります。白紙の状態とは信頼される要素となる情報も存在していないため厳しい点もありますが、職業その他の条件を満たすことができればまだチャンスがあります。一度気を戻して申し込んでみましょう。

 

さて、仮にカードローンの審査が通っても、あるいは落ちたとしてもそれは信用機関が悪いわけではありません。先にも述べましたが、記録されている信用機関の情報は全て今までのあなたの「履歴」です。有利になるか不利になるかはあなた次第なのです。

 

ちなみに個人でも自分の情報は信用機関に頼めば閲覧が可能です。もし自身で全て把握できていなければ、一度確認しておくのも良いかもしれません。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
コレはNG!何回ものカードローン申し込み
専業主婦向けのカードローンの条件
申し込み前の疑問点解決!審査前の要チェックポイント
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
時には解約も検討!理想的なカードローンの利用法
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
今後の利用に備えて信用機関で利用履歴を把握
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
複数のカードローンを作るなら総量規制に注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
銀行系カードローンの保証会社は消費者金融が行う
キャッシングの審査に落ちる理由は何?
金融機関各社の仮審査比較
キャッシング審査の必要書類まとめ