キャッシングに申し込むために用意する書類

キャッシングに申し込むためにはどのような書類を準備すればよいのでしょうか?申し込みのために必要な書類について確認してみましょう

 

キャッシングに申し込むためには本人確認の書類や収入証明の書類などが必要です

キャッシングに申し込む際には、各種書類の提出が必要になります。ほとんどの場合には申込者の本人確認ができる書類の提出が必要になりますし、さらに申し込み金額などによっては収入の金額が証明できる書類を提出することが必要になるかもしれません。今回はキャッシングの申し込みに必要な書類について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

本人確認ができる書類について確認してみましょう

キャッシングに申し込む場合には、申込者の本人確認ができる書類を提出することが必要になります。本人確認ができる書類としては、以下のようなものが利用できるようです。

 

  • ほとんどのキャッシングで利用できるもの→運転免許証健康保険証パスポートなど
  • 一部のキャッシングで利用が認められるもの→住民票印鑑証明書住基カードなど
  • 外国人の場合に利用することができるもの→在留カード特別永住者証明書など

 

本人確認ができる書類としては、運転免許証の利用をおすすめします。運転免許証には顔写真が付いているため本人確認がしやすくなりますし、また盗難や紛失に気付きやすいことや定期的な更新が行われることなどもメリットだといえるでしょう。一部のキャッシングでは顔写真の付いていない証明書類を利用する場合には、複数の証明書類の提出が必要になるようです。キャッシングに申し込むのであれば、顔写真付きで手軽に準備をすることができる運転免許証の利用が便利だといえるでしょう。

 

収入の金額が証明できる書類について確認してみましょう

キャッシングで大きな金額の借り入れを申し込む場合には、本人確認ができる書類に加えて収入の金額が証明できる書類の提出が必要になります。消費者金融系のキャッシングでは50万円以上の借り入れを申し込む場合に、また銀行系のキャッシングでは100万円以上の借り入れを申し込む場合に、収入の金額が証明できる書類の提出が必要になることが多いようです。収入の金額が証明できる書類としては、以下のようなものを利用することができます。

 

  • 会社員の場合→給与明細源泉徴収票所得証明書課税証明書など
  • 自営業や個人事業主の場合→所得証明書課税証明書確定申告書など

 

また自営業や個人事業主の場合などには、借り入れ希望額の多少に関わらず収入の金額が証明できる書類の提出が必要になるようです。これは自営業や個人事業主などの場合には、会社員などよりも職業が不安定だと判断されることがその理由となっています。

 

書類はどのような方法で提出すればよいのでしょうか?

キャッシングの審査に必要な書類の提出方法については、次のような方法を利用することができます。

 

パソコンを利用してアップロードする方法について

パソコンを利用する場合には、必要な書類は申し込みフォームからアップロードすることができますし、またファイルをメールに添付して送信することもできます。必要な書類はデジカメやスキャナなどを利用して、電子化して送信することになります。スキャナで取り込めば間違いありませんが、持っていない場合にはデジカメで撮影すればOKです。撮影の際には、書類全体がしっかりと写るように注意をしてください。

 

携帯電話やスマートフォンを利用してアップロードする方法について

携帯電話やスマートフォンを利用する場合には、搭載されているカメラ機能を活用すれば簡単に書類を提出することができます。必要な書類を撮影してそのまま送信すればOKです。またスマートフォンの場合には金融機関が提供するキャッシング専用アプリなどを利用すれば、さらに手軽に必要な書類を提出することができるようです。

 

無人契約機を利用してアップロードする方法について

パソコンや携帯電話やスマートフォンなどが使えないという人の場合には、無人契約機の利用を検討してみましょう。無人契約機には書類をスキャンする機能が備わっていますので、必要な書類を簡単に提出することができるのです。

 

郵送により提出する方法について

必要な書類をコピーして郵送で金融機関に提出することもできますが、郵送するための時間が必要になりますので、最近では郵送で書類を提出する人は少ないようです。

 

別途書類の準備が必要になる場合などもあります

今回はキャッシングの申し込みのために必要な書類について解説しましたが、申込者の属性条件などによっては別途書類の準備が必要になる場合などもあるようです。具体的には以下のような場合には、別途書類の準備が必要になります。

 

  • 専業主婦の場合→配偶者との婚姻関係が証明できる書類・配偶者の同意書・配偶者の収入証明書など
  • 学生の場合→学生証・親権者の同意書など
  • 在籍確認を省略したい場合→会社発行の保険証給与明細など

 

事業者向けカードローンに申し込む場合などには、事業の決算書などの提出が必要になるかもしれません。詳しくは銀行や消費者金融などのホームページで確認をしてみてください。一般向けのカードローンに申し込むのであれば、とりあえずは運転免許証などの身分が証明できる書類を準備しておけば大丈夫でしょう。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
コレはNG!何回ものカードローン申し込み
専業主婦向けのカードローンの条件
カードローン審査で嘘はバレる!誤魔化しは不可能です!
申し込み前の疑問点解決!審査前の要チェックポイント
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
時には解約も検討!理想的なカードローンの利用法
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
今後の利用に備えて信用機関で利用履歴を把握
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
複数のカードローンを作るなら総量規制に注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
銀行系カードローンの保証会社は消費者金融が行う
キャッシングの審査に落ちる理由は何?
金融機関各社の仮審査比較