キャッシングの審査に落ちてしまう人にはそれなりの理由が

キャッシングの審査に落ちてしまう人にはそれなりの理由があります!キャッシングの審査で重視される条件について詳しく確認してみましょう。

 

キャッシングの審査に通過するための基準について解説します

キャッシングを実際に利用するためには、審査を受けてこれに通過することが必要になります。キャッシングの審査については面倒だと感じる人が多いようですが、実際に融資を行う金融機関にとって審査は欠かせないものとなりますので、審査に通過することができなければキャッシングを利用することはできないのです。

 

例えば自分が友人などにお金を貸す場合のことを考えてみてください。よく知っている友人で確実な返済が期待できるのであれば、お金を貸してもかまわないと考えるかもしれません。逆にそれほど親しくない人にいきなり借金を申し込まれた場合には、ほとんどの人はこれを断るはずです。これは確実な返済が期待できるかどうかわからないことが理由となっています。

 

キャッシングを提供する金融機関では申込者の信用に基づいて融資を行いますので、融資を行う際には審査により確実な返済が期待できるかどうかを判断することになります。金融機関が定める基準を満たしていない場合には、確実な返済が期待できないと判断されて審査には落ちてしまうことになるのです。

 

今回はキャッシングの審査に通過するための基準審査落ちを回避するためのポイントについて解説しますので、申し込みの際の参考にしてみてください。

 

安定した収入を得ていることが必要になります

キャッシングの審査では返済能力が重視されますので、審査に通過するためには安定した収入を得ていることが必要になります。

 

例えば公務員や大企業の正社員の場合には職業の安定性が高いと判断されて審査では有利になりますし、逆に自営業や水商売などの場合には不安定な職業だと判断されて審査では不利になるのです。また派遣社員・契約社員・パート・アルバイトなどの非正規雇用の場合でも安定した収入の条件を満たすことができればキャッシングを利用することができるのですが、専業主婦や無職などの場合には基本的にはキャッシングを利用することはできません。また専業主婦の場合には配偶者の収入により融資が受けられる「配偶者貸付制度」が利用できる場合などもあるのですが、実際には利用できる金融機関は限られるようです。

 

延滞や金融事故の履歴があるといわゆるブラックリスト状態になります

キャッシングに関しては、利用できない人の名前が載っているブラックリストが存在するという噂があるようです。これはいわゆる都市伝説で実際にはそのようなリストは存在しないのですが、延滞金融事故などの履歴がある人の場合には、それが理由でキャッシングの利用ができなくなる「ブラックリスト状態」になってしまうのです。

 

キャッシングを提供している金融機関では、信用情報機関というデータベースを共同で設置しています。信用情報機関には利用者に関する各種の情報が登録されているのですが、この時に延滞や債務整理などの履歴が登録されているとキャッシングの審査には通過できなくなってしまうのです。

 

信用情報機関に対しては、本人に関するものであれば情報の開示を請求することができます。キャッシングを提供している金融機関の場合には「CIC」「JICC」のいずれかの信用情報機関を利用していることがほとんどですから、登録されている情報の内容が気になるという人は一度開示の請求をして、実際にどのような情報が登録されているのか確認をしてみましょう。

 

短期間に複数の申し込みをしてしまうと申し込みブラックになります

審査落ちしてしまう理由として意外に多いのが申し込みブラックです。短期間に複数の申し込みをしてしまうと、申し込みブラックの可能性が高くなります。

 

キャッシングに申し込んで審査に落ちてしまうと、申し込みの履歴が信用情報機関に登録されることになります。キャッシングの審査の際には信用情報機関に対して情報の照会が行われますので、この時に複数の申し込みの履歴があると「お金に困っているのではないか?」「なにか不都合なことを隠しているのではないか?」などと疑われて、複数申し込みが原因で審査に通らなくなってしまうのです。

 

キャッシングへの申し込みは多くても月に2〜3社までにしておくことをおすすめします。それ以上申し込んでしまうと申し込みブラックと判断されてしまうかもしれません。また申し込みの履歴は6ヶ月程度で自然に抹消されますので、申し込みブラックの可能性が考えられる人の場合には前回の申し込みから半年程度が経過するのを待ってから次の申し込みを行うようにしてください。

 

キャッシングの審査で重要になるポイントをしっかりと意識するようにしましょう

今回はキャッシングの審査に通過するための基準や審査落ちを回避するためのポイントについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。キャッシングの審査で重要になるポイントをまとめてみると、以下のようになります。

 

  • 安定した収入の条件を満たすことが必要です
  • 延滞金融事故などの履歴が信用情報機関に登録されていると審査には通らないブラックリスト状態になります
  • 短期間に複数の申し込みをしてしまうと申し込みブラックになってしまう可能性があります

 

上記のポイントをしっかりと意識するようにすれば、キャッシングの審査には通りやすくなるはずです。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
コレはNG!何回ものカードローン申し込み
専業主婦向けのカードローンの条件
カードローン審査で嘘はバレる!誤魔化しは不可能です!
申し込み前の疑問点解決!審査前の要チェックポイント
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
時には解約も検討!理想的なカードローンの利用法
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
今後の利用に備えて信用機関で利用履歴を把握
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
複数のカードローンを作るなら総量規制に注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
銀行系カードローンの保証会社は消費者金融が行う
金融機関各社の仮審査比較
キャッシング審査の必要書類まとめ