銀行系カードローンも消費者金融が債権の保全や審査をする

銀行系カードローンと保証会社にはどのような関係があるのでしょうか?

 

銀行系カードローンへの申し込みについては、「保証会社による保証を受けられること」が利用条件となっている場合があります。なぜ銀行が提供するカードローンを利用するために保証会社による保証が必要なのか、疑問に感じている人なども多いようです。

 

実際に銀行系カードローンを利用する際にはそれほど気にしなくても大丈夫なのですが、やはりお金に関することですからしっかりと確認しておくことをおすすめしたいと思います。今回は保証会社と銀行系カードローンの関係について、さらに詳しく確認してみましょう。

 

銀行系カードローンでは消費者金融が保証会社となっています

銀行系カードローンでは、消費者金融が保証会社となっていることが多いようです。例えばプロミスアコムなどが、銀行系カードローンの保証会社となっています。「銀行系カードローンに申し込むと消費者金融からお金を借りることになるのだろうか?」と不思議に感じるかもしれませんが、実際にはそうではないのです。

 

銀行と消費者金融は提携関係を結んでいます

以前の消費者金融では、グレーゾーン金利と呼ばれる高額な金利を請求していました。

 

グレーゾーン金利は18%を超える金利であり、当時は適法なのか違法なのか曖昧な「グレー」な金利だったのですが、その後貸金業法が改正されたことによりグレーゾーン金利は違法となり撤廃されたのです。これは利用者にとっては大きなメリットだったのですが、逆に消費者金融にとっては大きなデメリットとなり、経営状態は大きく悪化してしまいました。

 

その結果当時の最大手だった「武富士」は過払い金請求に対応することができず事実上倒産してしまいましたし、また中小の消費者金融の中にも倒産してしまうものが続出したのです。

 

生き残った消費者金融もそのままでは経営を続けていくことが難しくなり、その多くは銀行の子会社になったり、また銀行グループの一員になったりしました。例えばアコムは現在三菱東京UFJフィナンシャルグループの一員となっていますし、またプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は、SMBCグループの一員となっています。

 

銀行と消費者金融の提携関係については、お互いにとってのメリットがあります。消費者金融は銀行の資金力により安定した経営を実現していますし、また銀行は消費者金融を保証会社として活用することにより、消費者金融の持つ様々なノウハウを自社のローン商品の提供に役立てているのです。

 

保証会社である消費者金融はどのような業務を行っているのでしょうか?

それでは銀行系カードローンの保証会社である消費者金融は、具体的には何を行っているのでしょうか?消費者金融は保証会社として様々な業務を行っているのですが、特に債権の保全と審査が重要な業務になります。

 

債権の保全について

利用者が銀行カードローンの利用中に返済ができなくなってしまったという場合には、保証会社が利用者の代わりに返済を行います。これが「代位弁済」であり、保証会社が返済した借金については債権が保証会社に移動することになるのです。

 

保証会社が肩代わりした借金については、その後保証会社から利用者に対して請求が行われることになります。カードローンを提供する銀行ではいざという場合には保証会社から支払いが受けられるため、安心して融資ができるというメリットがあります。

 

一方の利用者は保証会社が支払いを行ったからといって、返済の義務が免除されることはありません。その後は保証会社に対して返済を行うことが必要になるのです。

 

審査について

銀行系カードローンでは銀行でも独自の審査を行うのですが、さらに消費者金融の持つ審査力を活用することにより、質の高い効率的な審査を実現しています。

 

利用者の利用履歴などを登録している信用情報機関にはいくつかの種類があります。銀行は銀行が加盟する信用情報機関の情報を閲覧することができるのですが、消費者金融が加盟する信用情報機関の情報を閲覧することはできません。この時に消費者金融を保証会社として活用すれば両方の信用情報機関の情報を閲覧できることになりますので、より精度の高い審査を実現することができるのです。

 

銀行系カードローンには様々なメリットがあります

今回は銀行系カードローンと、保証会社となる消費者金融の関係について解説しました。

 

カードローンの利用を検討している人の中には「どうせ消費者金融の審査を受けるのであれば、最初から消費者金融系のカードローンに申し込んだ方が簡単なのではないか?」と考える人などもいるかもしれません。

 

確かに消費者金融系のカードローンの方が審査には通りやすくなりますし、即日融資なども受けやすくなりますので簡単かもしれません。しかし銀行系カードローンには低金利で利用することができるというメリットがありますし、また総量規制が適用されないため年収の3分の1を超える金額の借り入れを申し込むことができます。ATM手数料が無料になる銀行系カードローンなども増えていますので、まずはメリットの多い銀行系カードローンに申し込んでみることをおすすめしたいと思います。

おすすめカードローン

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン6社はこちら

関連ページ

融資額の増額は信用度に左右される!
コレはNG!何回ものカードローン申し込み
専業主婦向けのカードローンの条件
カードローン審査で嘘はバレる!誤魔化しは不可能です!
申し込み前の疑問点解決!審査前の要チェックポイント
これで心配不要!在籍確認の電話対応方法
カードローン審査スピード、どうしてこんなに早い?
安心して利用するために考えるべきポイント
急なお金の必要にはスピード重視の即日融資
時には解約も検討!理想的なカードローンの利用法
外国人が利用するための条件とは
借り入れを好条件にする方法は信頼と実績の積み重ね!
カードローンは多種多様!アルバイトでも審査OK!
審査の緩いカードローンを選ぶ際の注意点
意外?審査ではこんな事も見られています!
今後の利用に備えて信用機関で利用履歴を把握
どうして厳しい?銀行カードローンの審査
審査が厳しい方が金利など条件が有利になる!その理由
審査なしを謳う違法業者には要注意!
複数のカードローンを作るなら総量規制に注意!
申し込みの優先順位は意外と重要!まずは銀行カードローンから
カードローンを上手に活用できる年代とは
スコアリングシステムによる審査
キャッシングの審査に落ちる理由は何?
金融機関各社の仮審査比較
キャッシング審査の必要書類まとめ