消費者金融と銀行とどちらのおまとめローンを利用した方がお得なのか比較してみよう

 

複数の借金があると毎月の返済が苦しくなったり、支払い日が月に何回もあると管理するのが大変だったりと悩みは尽きないものです。そこで選ばれているのが「おまとめローン」なのですが、それぞれおまとめローンによって金利、借入限度額など条件が設定されています。そのため「金利が下がるから」という理由でおまとめローンを組んだは良いものの、最終的により多くの利息を払うことになってしまった…ということになりかねません。

 

そこで今回はおまとめローンを選ぶなら消費者金融と銀行のどちらが良いのか、どのサービスを選ぶべきなのかを比較していきましょう。

 

大手消費者金融のおまとめローン

大手消費者金融が提供しているおまとめローン.あるいは借り換えローンは「総量規制対象外」となっていることがほとんどです。つまり、年収の1/3までしか借入できない、というルールに縛られることがありません。

 

消費者金融のおまとめローンを選ぶメリットは審査の時間が短く、内容も緩めになっていることが多い点です。しかし一方で銀行のおまとめローンと比べると金利が高く設定されていることが多いです。

 

●アコム「借り換え専用ローン」

アコムのおまとめローンは「借り換え専用ローン」という名称になっています。名前の通り、借り換えのためのローンになっているため、一般的なキャッシングのように追加借入は不可能です。

 

こちらはインターネットから申込みはできず、フリーコールへの電話、店頭窓口、自動契約機のいずれかを選択する必要があります。

 

実質年率:7.7%〜18.0%
借入限度額:1万円〜300万円
返済回数:2回から162回
返済方式:元利均等返済方式
繰上返済:可能
融資までの日数:最短当日

 

●プロミス「おまとめローン」

こちらもインターネットからの申込みは不可となっています。店頭窓口、もしくは自動契約機のいずれかを選択します。

 

実質年率:4.5%〜17.8%
借入限度額:1万円〜500万円
返済回数:1回〜120回
返済方式:元利定額返済方式
繰上返済:可能
融資までの日数:最短当日

 

●アイフル「かりかえMAX」

こちらは初めてアイフルを利用する方のみ利用可能な借り換えローンになります。当然Suica借入は不可能です。ネット、もしくは店頭窓口、郵送のいずれかで申し込めます。

 

実質年率:12.0%〜17.5%
借入限度額:1万円〜300万円
返済回数:最長10年(120回)
返済方式:元利定額返済方式
繰上返済:可能。一括返済にも対応
融資までの日数:最短当日

 

●アイフル「おまとめMAX」

アイフルをすでに利用している、あるいは過去に利用したことがある方向けの借り換えローンです。ネット、店頭窓口、郵送のいずれかで申し込み可能です。

 

実質年率:12.0%〜15.0%
借入限度額:1万円〜300万円
返済回数:最長10年(120回)
返済方式:元利定額返済方式
繰上返済:可能。一括返済にも対応
融資までの日数:最短当日

 

●オリックスクレジット「VIPフリーローン」

おまとめローンとして紹介されていますが、実質借入限度額が大きなフリーローンになります。事業資金目的以外であれば自由に使うことができ、限度額の範囲内なら追加借入が可能です。ただし年収400万円以上の方のみ申込みできる形になります。ネットからの申込みができますが、契約書の郵送と返送が必要になるためそれなりに時間が必要です。

 

実質年率:3.5%〜14.5%
借入限度額:100万円〜800万円
返済回数:12回〜96回
返済方式:リボルビング契約…元利込定額返済、証書貸付契約…元利均等返済
繰上返済:事前に連絡すれば可能
融資までの日数:数日

 

大手銀行のおまとめローン

銀行のおまとめローンは金利が低いのが最大のメリットで、高額の限度額が設定されていることが多いです。しかし一方で審査が長い、そして内容が厳しい、という部分があります。

 

●三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

おまとめローンのためのカードローンではなく、利用目的自由のカードローンになるため、おまとめローンとして利用できる、というニュアンスですね。もちろん利用限度額の範囲内なら何度でも借入することが可能です。

 

ネットや電話からの申込みも可能ですが、三菱東京UFJ銀行に併設されているテレビ窓口で手続きをすれば当日に融資が受けられることもあります。

 

実質年率:4.6%〜14.6%
借入限度額:10万円〜500万円
契約期間:1年おきに自動更新
返済方式:残高スライドリボルビング返済
繰上げ返済:可能
融資までの日数:最短当日(テレビ窓口利用時)

 

●東京スター銀行「スターワンバンクローン(おまとめローン)」

こちらはおまとめローン専用のサービスになります。金利が低く、限度額も高く設定されているので非常に使い勝手が良いのですが、条件は厳し目。年収200万円未満の方やパート、アルバイトの人は申し込めないので注意しましょう。また融資を受けられるまで2週間ほどかかるので急ぎの方にも不向きです。

 

なお、限度額には「借入限度額」「利用限度額」の2種類が用意されています。借入限度額は借り換えでの限度額のこと、利用限度額は追加で借入する際の限度額です。このあたりがごちゃごちゃしやすいので注意しておきましょう。

 

実質年率:5.8%〜14.8%
借入限度額:30万円〜1000万円
契約期間:限度額利用可能期限(ローン残高が利用限度額を下回っている場合、65歳時の契約日の次に到来する10日)の10年後の契約日
返済方式:元金同額返済方式
繰上げ返済:可能
融資までの日数:2週間程度

 

●東京スター銀行「スターワンバンクローン(のりかえローン)」

他社で組んでいるローンの借り換えと同時に追加で借入も検討しているかたのための乗り換えローンになります。金利が低く、限度額が高く設定されているので非常に使い勝手が良いのですが、やはり年収200万円未満の人、パートやアルバイトの人は申し込むことができません。また、融資されるまで1ヶ月ほど時間がかかるので急ぎの方には不向きです。

 

実質年率:7.8%〜9.8%
借入限度額:30万円〜1000万円
契約期間:限度額利用可能期限(ローン残高が利用限度額を下回っている場合、65歳時の契約日の次に到来する10日)の10年後の契約日
返済方式:元金同額返済方式
繰上げ返済:可能
融資までの日数:1ヶ月程度

 

●住信SBIネット銀行「ネットローンプレミアムコース」

おまとめに利用することができるフリーカードローンになります。なので限度額の範囲内なら追加借入することも可能です。申込み、借入に至るまで全てネット上で手続きできます。

 

ちなみに、住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)を始めて利用する場合は最大で2ヶ月分の利息をキャッシュバックしてくれるキャンペーンも行っているのでチェックしておきましょう。

 

実質年率:2.49%〜7.99%
借入限度額:10万円〜1000万円
契約期間:1年毎の自動更新
返済方式:残高スライドリボルビング返済
繰上げ返済:可能
融資までの日数:最短当日

 

●楽天銀行「スーパーローン」

こちらも用途自由のカードローンになっているので、おまとめローン、借り換えローンとして利用することができます。もちろん限度額の範囲内なら追加借入することもできます。申込みはネットで全て済ませられるのも嬉しいポイント。

 

実質年率:4.9%〜14.5%
借入限度額:10万円〜500万円
契約期間:1年毎の自動更新
返済方式:残高スライドリボルビング材
繰上げ返済:可能
融資までの日数:最短当日

 

まとめ

ということで今回は大手消費者金融と銀行のおまとめローンについて紹介してきました。

 

やはりポイントとなるのは「いかに金利が低いおまとめローンを選ぶか」が鍵になってきます。基本的に借入期間が長いほど利息は大きくなるので、金利だけで選ばないように注意するのも忘れずに。

 

また、残高スライドリボルビング返済方式など利息、返済回数が大きくなってしまいがちな返済方式にも注意しておいたほうが良いでしょう。

 

ほとんどの消費者金融、銀行は繰上げ返済に対応しています。なのでお金に余裕がある時、ボーナスなどまとまったお金が入った時は繰上げ返済を積極的に活用して、少しでも早く完済できるように意識することを強くオススメします。

 

 

→おまとめローンおすすめランキング

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら