キャッシングは利用目的などに応じて選ぶようにしましょう!様々なキャッシングの特徴などについて詳しくご紹介します

キャッシングの種類とその特徴について確認してみましょう

キャッシングはちょっとしたお金が必要な場合などに便利な金融サービスです。私たちが利用することができるキャッシングには、さまざまな種類や特徴などがあります。提供する金融機関によりキャッシングを分類してみると、以下のとおりとなります。

 

  • 消費者金融が提供するもの→消費者金融系キャッシング
  • 銀行が提供するもの→銀行系キャッシング
  • 信販会社が提供するもの→信販系キャッシング

今回はそれぞれのキャッシングについて、その特徴などを詳しく確認してみたいと思います。

 

消費者金融系キャッシングについて

キャッシングと聞いて私たちが最初に連想するのは、消費者金融であることが一般的です。消費者金融は小口の個人向け融資をメイン業務とする金融機関であり、テレビコマーシャルなどにも積極的に取り組んでいますので、知名度の高い大手消費者金融などが多くなっています。

 

消費者金融系キャッシングのメリットは?

審査がスピーディーで迅速であることが、消費者金融系キャッシングの特徴だといえるでしょう。大手消費者金融では最短30分で審査の結果が判明しますし、そのほとんどが即日融資に対応しているのです。店頭窓口・自動契約機・インターネットなどの様々な申し込み方法を利用することができますし、特に夜遅い時間まで営業をしている自動契約機を活用すれば夜間や土日祝日でも即日融資を利用することができますし、またローンカードが発行されれば提携するコンビニATMなどを利用して365日24時間いつでも借入を行うことができるのです。利便性の高さが消費者金融系キャッシングの大きなメリットになります。

 

消費者金融系キャッシングのデメリットは?

一方で金利が高いということが、消費者金融系キャッシングのデメリットになります。キャッシングの金利は現在利息制限法により最大で18%までとされてるのですが、ほとんどの消費者金融系キャッシングではこれに近い18%近辺の金利を設定しているのです。銀行系カードローンの場合には14%〜15%の金利を制限していることが多くなりますので、金利を優先してキャッシングを選ぶのであれば銀行系カードローンがおすすめになります。

 

銀行系キャッシングについて

キャッシングといえば従来は消費者金融が提供するものが一般的だったのですが、近年では銀行でも個人を対象とした銀行キャッシングの提供を行っています。宣伝などにも力を入れていますので、知っているという人が多いのではないでしょうか。

 

銀行系キャッシングのメリットについて

低金利で利用できることが、銀行系キャッシングの大きなメリットです。ほとんどの場合には14%〜15%程度の上限金利が設定されていますので、18%程度の上限金利が設定されている消費者金融系キャッシングよりも低金利で利用することができるのです。また銀行系キャッシングには総量規制が適用されませんので、年収の3分の1を超える金額の借入を申し込めることができます。大きな金額の借入がしやすいということも、銀行系キャッシングのメリットだといえるでしょう。

 

銀行系キャッシングのデメリットについて

銀行系キャッシングでは時間をかけて審査が行われますので、融資までに時間がかかるというデメリットがあります。一部には即日審査や即日融資に対応できる銀行系キャッシングも登場しているのですが、多くの銀行系キャッシングでは実際に融資を受けるまでに1週間〜2週間程度の期間が必要になるようです。さらに属性条件などに問題がある人の場合には、銀行系キャッシングの審査に通過することは難しいかもしれません。銀行系キャッシングでは審査が厳しく行われますので、審査に通過できるか不安だという人には比較的審査に通りやすい消費者金融系キャッシングへの申し込みをおすすめしたいと思います。

 

信販系キャッシングについて

信販系キャッシングは、クレジットカードなどの提供を行う信販会社のキャッシングサービスです。クレジットカードにはお金の借入ができる「キャッシング枠」が付帯するのですが、これを独立させた金融商品であると考えればよいでしょう。

 

信販系キャッシングのメリットについて

すでにクレジットカードを持っているという人の場合には、信販系キャッシングの審査には比較的通りやすいようです。また信販系キャッシングはさまざまな銀行やコンビニとの提携を行っていますので、時間や場所を制限されず様々なATMを自由に利用することができます。

 

信販系キャッシングのデメリットについて

信販系キャッシングでは消費者金融系キャッシングと同様に、比較的高めの金利が設定されています。少額を借り入れてすぐにこれを返済することができればそれほど問題にはならないのですが、大きな金額の借入を希望する場合や長期での利用を希望する場合などには返済の負担に大きく影響することになります。大きな金額を長期で借り入れたいのであれば、低金利で利用することができる銀行系キャッシングへの申し込みを検討してみてください。

 

利用目的にあわせたキャッシングを選ぶようにしましょう

今回はそれぞれのキャッシングについて、その特徴などを詳しくご紹介しました。すぐにお金が必要な場合などには、即日融資に対応した消費者金融系キャッシングをおすすめします。一方で大きな金額を長期的に利用したいのであれば、低金利で利用できる銀行系キャッシングがおすすめになります。キャッシングにはそれぞれの特徴がありますので、メリットやデメリットをしっかりと理解して利用目的などにあわせて選ぶようにしましょう。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら