ついうっかり!残高が足りなかった!といった経験者の為に自動融資のカードローンがお勧めです!

毎月の公共料金の支払いは永続的に続くもの。出来れば少しでも楽に自動的に支払が住んでいればありがたい事はありません。

 

コンビニエンスストアで専用の振込用紙を処理してもらうのは面倒ですし、ついうっかりしてて、延滞料金を支払う事になっってしまった……というのでは目も当てられませんよね。

 

口座から引き落としてもらえば、自動的ともいえます。通帳にお金を入れておくだけで毎月決まった日時に引かれますので支払い損ねるという事も少なくなりますし、カードローンの支払いでなじみ深いネットバンクを利用することでポイントもたまっていくという利点もあります。

 

しかし自動引き落としにもやはり盲点があります。例えば。水道・ガス・電気・携帯や固定電話の通信料金など複数の引き落としを一括で一つの口座で管理して家計簿の代わりにしている方も散見されますが、一か所の引き落とし金額が膨れ上がってしまった場合などは、残高不足で結局引き落とせなかった……という経験をした事はありませんか?公共料金は月々の使用料が異なるのが常。

 

全ての引き落とし金額を網羅するのはなかなか難しいものです。そもそも忙しいからこそ交差引き落としにしているので、情報を把握するだなんて無理があるとも考えられるのです。

 

たった一円でも足りなければ引き落としは行われず、次月に持ち越されます。あるいは別納でまたしてもコンビニエンスストアへ足を運んでしまう羽目になったりもします。

 

持ち越された金額の計算をしながら、次月用に口座にお金を入金しておくというもの、精神的なストレスになりますし、骨が折れる作業になってしまいます。

 

自動融資で引き落としを完遂させませんか

 

カードローンの一つの使い方に、自動融資があります。

 

自動融資だなんて言うと、高い金利が取られるのでは?!と怪訝な顔をする方もいらっしゃるかもしれませんが、延滞料金に比べれば桁違いに安価なサービスです。

 

特定の口座からの自動引き落としの際に、残高不足があったならば、自動的に金額を補てんするというシステムです。「足りない分だけ」なので、安心です。

 

設定方法はカードローンの作成や特定口座の条件といった縛りもありますが、毎月の口座引き落としの「うっかり」を解消してくれるので、これで完全な自動支払いが出来るという目的が達成されます。

 

うっかりしていて電気を止められてしまった、とかガスがつかなくなった、という心配もなくなりますし、引き落としの未遂といった、社会的信用を失墜させるような印象も払拭する事が出来るのです。

 

便利な自動融資システムですが、気をつけて欲しいもあります。この自動融資システムは一旦設定してしまうと常時有効となってしまいますので、残高不足が発生する度に、融資が発生してしまう事です。

 

「うっかり」を防ぐ有意義な機能ではありますが、諸事情によって自動融資が不要となった場合は、無効の申し込みをする必要がでてきます。

 

設定するもしないもあなた次第です

 

「常時融資の対象になっている」と聞くと不安になってしまうかもしれませんね。カードローンを使わない!という方にとってはあくまでも「うっかり」を防ぐための自動機能だと思って頂ければいいのだと思います。

 

特殊な機能なのでカードローンから一歩引いている方にこそ、便利な機能だともいえますし、インターネットで気軽に設定の変更も行えますので、まさかのときの即時対応策として御一考頂ければと思います。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら