無担保型カードローンと有担保型カードローン、それぞれの特徴に合わせてご利用いただけます。

カードローンには無担保型のものと有担保型のものがあります。

 

通常最も一般的なカードローンは無担保型といわれるものです。これは担保を付けることなく、一定の限度額内においてカード利用者に対して信用貸付を行うことを指します。

 

従来、融資といえば、融資金額に応じて、金融機関が要求する担保ー財形証書や土地などーを付ける必要がありました。返済能力の保証として付けられた担保は、なんらかの理由により、借り方が返済不能になった場合に、これをもって弁済されます。

 

同様に、カードローンにも担保の付けられるタイプのものがあります。この有担保型のカードローンのいちばんの特徴は、借り出すことのできる金額が無担保型のものよりもはるかに高額に設定できることです。

 

有担保カードローンの特徴をよく理解しましょう

 

一般的な無担保カードローンは、その審査も簡便でスピーディに行われ、担保を付ける必要もないことから、手軽に作り利用することが出来ます。

 

しかしあくまでの信用貸付であることから、その限度額は低めに設定されており、その利用は、月々の不足分あるいはちょっとした緊急時の支払いに充てる程度に限られているといっても過言ではありません。

 

それゆえ、無担保カードローンの限度額では、まとまった金額を借り出すことは出来ません。他方、有担保型カードローンの代表「住宅担保型カードローン」では、住宅を担保にすることにより、借り出し限度額が大きく設定されます。

 

これにより、無担保型では到底無理であった大きな買い物なども可能になります。しかも住宅を担保にするだけに、金利の方はかなり低くなります。

 

住宅担保型カードローンの場合、住宅を担保に入れるだけでなく、生命保険が同時にセットされているものもあります。これは万が一にも、世帯主が亡くなられ、返済不能に陥った場合に、生命保険の支払いによって返済を滞りなく行うことで、自宅という担保が差し押さえられることを防ぎます。

 

このように有担保カードローンは、上限額の高さ、及び金利の低さという魅力とともに、カードローン独自の特徴である借り入れ目的が特定されていない、というメリットを併せ持ちます。

 

無担保型、有担保型の特徴をよく掴み、自分の必要に応じたものを上手に選びまょう

 

有担保にしろ、無担保型にしろ、それぞれにメリット、デメリットがあります。要は自分の必要に応じたものを上手に利用できるかどうかにあります。

 

複数のカードローンを持つことを考えられている方には、無担保・有担保両方のカードローンを作るという選択肢もありますので、適用条件などを諸々の内容をよく知り、有効に活用するようにしたいものです。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら