ルールを守れば自分のアドバンテージも守れることができる!支払い期日は忘れずに

カードローンを利用する資格とは

 

カードローンは審査があるので、申し込みに通った時点で、カードローンを利用する資格はばっちり自分にあると思ってしまいがちです。

 

けれども本当の意味でのカードローンを利用する資格とは「決められたことを守ることができる人である」ということ。具体的には、決められた支払い日に確実に返済をしていくことができる人です。

 

よくカードローンは「返済が厳しい」などと言われることがありますが、実際は逆で、基本的には非常に無理のない返済プランになっています。

 

残高スライドリボルビング適用のカードローンでは、返せば返すほど最低支払い額も少なくなっていくので、確実に返済をしていくことでどんどん支払いが楽になる、というアドバンテージもあります。

 

ところが、それをしないことで自ら自分に有利なポイントを手放してしまい、返済に苦しむ事態に陥ってしまうのです。

 

返済が遅れてしまうとどうなるか

 

返済に遅れると、まず督促があります。とはいえ、これは遅れても返済することさえできればその時点で止まるので、大したことではないと思ってしまいがちかもしれません。

 

実は返済遅れは、あとあとまで響くペナルティとなることを、自覚していない人も多いのではないでしょうか。返済に遅れるということは、信用情報の観点からみると立派な「信用事故」です。

 

そのため支払い期日に返済が行なわれず督促を受けたという事実は信用情報に記載されることになり、例えばその後他のカードローンやクレジットカードを作ろうとしても、審査に通らないという事態になる可能性があります。

 

当然何度も返済に遅れる、督促をしても支払わない、ということになれば「悪質」と判断され、今現在使っているカードローンでも新規の融資を一切停止されることもあります。

 

必要なことはただ「約束を守ること」、難しいことではありません

 

先に説明したように、カードローンの返済は無理のない形になっており、きちんと毎月決められた額を返済しつつ、少しでも早く完済できるよう余裕がある時には少し多めの返済を心がける、といった程度でアドバンテージは失われずにカードローンを利用し続けることができます。

 

故意でなくとも支払い期日を忘れてしまうことはありえますから、携帯にアラートをいれておくなど、リマインドの仕組みを自分で作っておくことをおすすめします。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら