急にお金が必要になったとき、便利なのはカードローン

まとまったお金が急に必要になったとき、皆さまはローンとカードローン、どちらを選びますか?

 

実はローンとカードローンは似ているようで大きな違いがあるのです。今回はこの2つの違いについてご説明します。

 

ローンを考える時と言えば、例えば人生において大きな買い物をする時ではないでしょうか。家の購入、自動車等大きな資金が必要になったときがローンを組む場面の代表格と言えます。一昔前だとパソコンなども高級品で、ローンを組んで買うのが普通のことでした。

 

さてこういった場合、ローンを組む時に目的がわかっているので、借りるときも貸す側も使用目的に合意してローンを組むことがほとんどです。住宅ローンや自動車ローンのように、特定の使用目的に対して借りることができるのが一般的なローンなのです。

 

逆に一般的なローンでは、こういった大きな購入目的に限定して使うことができ、反対に大きな買い物とまで言わなくても小さな額でお金が必要といったときにはお金を借りることはできません。こういったときに力になってくれるのがカードローンなのです。

 

カードローンは利用目的が自由

 

前述のように、家や自動車の購入に対してはローンを組むお金を借りることができますが、より小さな目的の資金のときに使えるのがカードローンです。

 

カードローンは用途不問のローンなので、ローン審査の際に用途を明確にする必要もなく、審査を通過すれば融資枠内であれば自由に使用目的を決めて使用することができます。審査さえ通っていればいつ借りても問題ないですので、たとえばカードを作っておいて、もしもの際に即ローンができるなど便利な使い方ができるのも魅力です。

 

用途例としては他に、子供が怪我をして急な治療費が必要になったけれど、給料日前で手持ちが全くないといった困ったときにも、手を差し伸べてくれるヘルプにもなります。

 

もちろん使用目的が自由といっても、ギャンブルや他のローンの借り入れの返済といった目的で使うのでは本末転倒です。

 

こういった目的での借り入れをすると、多重債務など思わぬ状況に陥ってしまうケースもありますので、手軽なカードローンといえども融資は融資ですので、お金を借り入れているという自覚をもって利用することがなによりも重要です。

 

カードローンをうまく使いこなそう

 

一般的なローンは用途が限定されているために、反対に金利などの優遇も充実しています。

 

しかしお金の使用目的は様々で、マイホームやマイカーといった大きな買い物には限られませんよね。そうい
った点で多くの方に支持をいただいているのがカードローンの存在です。

 

カードローンを考えられている方は、限度額や金利についてよく理解し、自由の意味を誤らず節度をもった利用をするなど、うまく使いこなしたいものですね。

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら