カードローンは無職でも利用できなくはない

カードローンでお金を借りても、収入がなければ返済することが困難になってしまいます。

 

審査ではどのような仕事をしているかももちろん重視されますが、有利な仕事と不利な仕事はどうやって決まるのでしょうか。

 

同じ職種でも働き方はいろいろで、正社員の人もいれば契約社員や派遣社員、パートで働いている人もいるでしょう。

 

あるいはまったく仕事をしていない無職の人もいるでしょう。どこまでであればカードローンを利用できるのか気になりますね。

 

条件を気にしなければ誰でも借りられるカードローン

 

結論から言えば、収入さえあれば無職の人でもカードローンを利用することはできます。無職といってもいわゆる世間では仕事として認められていないような仕事で収入がある人などです。

 

あるいはすでに定年を迎えて、年金で生活している人であっても、利用できるカードローンというのもあります。働いている人と比べれば限度額はあまり高くはないでしょうが、利用できることを覚えておいても損はないはずです。

 

やはりカードローン会社としては、きちんと安定している人に貸したいというのが本音です。いちばん安定しているのはやはり正社員でしょう。契約社員や派遣社員、パートであっても、勤続年数がある程度あればもちろん問題はありません。

 

無職の人でも安定した収入を獲得している人というのはいます。いわゆる「せどり」という転売行為や、インターネットを利用したアフィリエイトなども立派な収入でしょう。

 

どんな仕事でもある程度、続けていればカードローンを利用できるようになりますので、興味のある人は申し込みで見るといいと思います。最低の限度額だと、だいたい10万円ぐらいで、これぐらいであればほとんど誰でも利用できます。

 

10万円ぐらいの限度額なら、毎月最低数千円も返済すればいいので、それほど仕事の内容は求められないのです。少しでも限度額を増やすためにも、借りたお金は遅れることなくきちんと返済を続けることが大切です。

 

収入が安定しないようであれば、まとまったお金が入ってきたら多めに返済に回して完済してしまうというのも必要かもしれません。

 

もっと限度額を増やしたい!

 

安全度だけでいえば、仕事が安定していて収入が高い人にだけ貸したいでしょうが、それだとカードローン会社も商売になりません。

 

利益を大きくするためには、カードローン会社もリスクを取る必要があります。限度額が低く、金利も高くすることで、できるだけ損をしないようにと考えています。

 

限度額を増やしたいのであれば、やはり信用度を増やすしかないようです。利用実績でもいいですし、正社員を目指してみてもいいでしょう。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら