困った時に慌てない対応法を伝授します!総量規制を意識しましょう!

これまでにお金の融資に関係する総量規制という言葉を聞かれたことがおありですか?

 

この総量規制を知らないと、いざという時に落とし穴になることがありますから、これから借り入れを検討されている場合には、是非とも知っておきたい知識です。

 

この総量規制を簡単に説明するなら、「借り入れを行うなら年収の三分の一まで」と要約できます。年収の三分の一以上になると、借り入れをすることができないばかりか、申し込み自体ができなくなります。

 

年収の三分の一となると比較的大きな金額になりますから、これまで借り入れを利用していたけれども、総量規制に気がつかなかったという片も多いかもしれません。

 

それでも急に大きなお金が必要になることもありますし、知らず知らずのうちに出費が大きくなっていることもありますから、万が一困ったときに備えて年収金額と借り入れ金額を把握するようにしたいと思います。

 

年収と借り入れをしっかりと把握し総量規制を意識していれば、カードローンも問題なく活用し運用することができますので、困った時に慌てないためにもしっかりと計画を立てるようにしましょう。

 

総量規制の対策方法

 

収入と借り入れの比率を把握しておく総量規制は理解できるものの、やはり急にお金が必要になることがあります。現代社会のように経済的に不安定な時代においては、給与や貯蓄の余裕がなくなってしまい、大きな出費にお金の準備が間に合わないということもあると思います。

 

そんな方にお勧めなのが、銀行のカードローンです。銀行のカードローンにはさまざまなメリットがありますし、総量規制の対策も可能という強みを持っています。

 

銀行のカードローンは『銀行の融資は総量規制の対象外』となっているため、総量規制の対策として利用できるのです。急にお金が必要になった困った時には、この銀行カードローンのメリットが強く効果を発揮します。

 

もし借り入れに悩んでおられる方であれば、すぐにこの強みを理解していただけることと思います。また銀行カードローンのメリットの一つは、その金利の低さにあります。金利の高い消費者金融と異なり、長く利用できるカードローンとして非常に便利で安心感のある存在です。

 

今、お金に困っていなかったとしても、緊急に必要な時に備えるためにも、前もって銀行のカードローンを作っておくと便利で安心な損のない一枚となります。

 

注意しなければならないのは、銀行の名前がつけられているものの、発行は銀行以外の別会社というカードローンがあるという点です。

 

銀行以外の会社の場合は、総量規制の対象内となる可能性もありますから、利用する前にしっかりと内容を理解しておく必要があります。事前にしっかりと説明や規約を読んでおきましょう。

 

総量規制で困らないために

 

もちろん銀行のカードローンは総量規制の対策として有効ですが、利用する際に余裕をもってカードローンを利用することにより、総量規制に引っ掛からないように意識していたいものです。

 

またお金の収支をきちんと計算して、カードローンを便利よく活用することはできますが、普段の生活において借り入れを増やし過ぎないように気をつけることも大切です。

 

困った時にあわてないよう準備するのはもちろんのこと、総量規制にも引っ掛からないようにしっかりと対策を行ない、自分自身のお金の使い方や借り入れの方法などをきちんと把握して管理できるようにしておきましょう。

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら