昔の悪いイメージが一掃された現在の消費者金融

現在の大手消費者金融は都市銀行のグループに入ったことも影響して、以前に持たれていたような暗いイメージは払拭されてきています。

 

ところで、昔の消費者金融は高度経済成長に便乗するかのように、暴利とも言える高い金利で貸出を続けていました。

 

一方、借り手である利用者も給料やボーナスが右肩上がりの時代であったことから、金利を大して気にすることも無く、頻繁に借入をしていました。そして、大手消費者金融は経団連に加盟するまでに繁栄します。

 

しかし、バブルが崩壊し、利用者は収入が減少していったにもかかわらず、消費者金融は貸出金利を維持していたため、利用者の間に自己破産をしたり、自殺をしたりする人が多発するようになりました。

 

それが、貸金業法の改正につながり、将来の消費者金融の衰退のきっかけになります。

 

グレーゾーン金利の影響

 

一時、消費者金融業界における「グレーゾーン金利」が社会問題になりました。グレーゾーン金利というのは消費者金融が貸出に使用していた出資法の上限金利である29.2%と利息制限法の最高上限金利である20%の間に入っていた金利で、適法か違法かが不明であったため「グレー」という名前が付けられていました。

 

結果的には、最高裁判所によって利息制限法を超える金利での貸出を認めない判決が下されたため、判決が出た以降利用者から消費者金融に対する過払い金の返還訴訟が全国的に起こされることになりました。

 

その訴訟によって消費者金融は疲弊することになり、銀行の援助を求めたことによって、現在のような銀行の系列に加わる形になっています。

 

なお、消費者金融の審査が緩いという評判がありましたが、それはバブル時代に作られたものです。高金利の貸出によって莫大な利益を手にしていたため、多少の回収不能は大した痛手にはならず、貸出を増やすことに専念していたからです。

 

現実に、貸金業法によって貸出金利を下げられた現在では、消費者金融の審査は以前より厳しくなっており、貸出を受けられる人は申込者2人に対して1人しかいません。 

 

現在の消費者金融の姿

 

現在の消費者金融は貸金業法の施行による総量規制や上限金利の引き下げによって、過去の悪徳業者というイメージは全くなく、消費者のニーズに即したサービスを提供する企業に生まれ変わっています。

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら