事業者が資金を賄うのに利用できるカードローンとは?

事業を行っている人にとって、大切な物はたくさんあります。

 

事業を行う上での戦略やノウハウももちろん大切でしょう。これがなければ、そもそも事業を存続させることすら難しくなります。

 

しかし、それ以前に重要な物があります。それは資金です。特に事業を始めたばかりの方や、まだ軌道に乗っていない方にとって事業資金はとても重要です。

 

事業を始める際には、当然起業資金が必要になります。しかし、起業後すぐに安定した利益が得られる事業者は稀です。その為、起業後の資金もある程度必要になってくるのです。

 

昔は事業者も簡単に銀行からの融資を受けることができました。ところが現在は、事業者が銀行から潤沢な資金を借りることは難しくなっています。

 

その為、最近は銀行以外の金融機関から事業資金を借りている方が増えています。特に事業者向けのカードローンは利便性も高く、手軽に利用できることで人気です。

 

事業者向けのカードローンの使い方

 

事業者に対して貸し付けを行うカードローンは、事業者ローンとも呼ばれています。これは名前の通りの商品で、事業者が事業資金としてお金を借りることができる商品です。

 

事業者向けのカードローンは、一般のカードローンと同様で無担保になっているのが魅力です。保証人も不要なので、まだ事業での充分な実績がない事業者でも比較的借りやすいのです。

 

しかし法人契約で事業者カードローンを利用する場合は、代表者に対して連帯保証が発生します。ここだけは一般のカードローンと異なる点となっています。

 

事業者向けのカードローンの金利は、一般向けのカードローン商品の最低金利と比べると少し高めです。とはいえ、各段に高いということはありません。しかし、事業資金用の融資ということで限度額が大きめに設定されています。

 

実は事業者向けカードローンでも、一般の方が申し込める場合があります。融資枠が大きいことに惹かれて一般の方が事業者ローンに申し込むケースもありますが、できればこれは避けた方が良いでしょう。

 

大きな金額を少し高めの金利で借りてしまうと、返済にリスクを伴うことになります。そもそも事業者の利用に特化したカードローン商品ですから、一般人の普段使いには向いていないのです。

 

事業者に借り入れは付き物です

 

世界中の事業者で、一切の融資も受けていない方はとても少ないと言えます。もちろん自己資金のみで賄えるのが最も理想的ですが、現実的には難しいと言わざるを得ないのです。

 

つまり、事業者にとって借り入れというのは付き物になっていると言い換えることができます。重要なのは事業者が借り入れを利用しないことではなく、リスクの低い借り入れを行うということです。

 

事業者向けのカードローンは低リスクと高い利便性を備えている商品です。大切な事業を成功させる為にも、上手にカードローンの利用を取り入れてみると良いのではないでしょうか。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら