お金をすぐに調達できるカードローンの利点と気を付けなければならない点

社会に出て日常生活を過ごしていると、どうしても準備ができないくらい急な出費があると思います。

 

例えば、両親が倒れてしまったとき、入院していれば必ず支払いをしなければなりません。倒れたのが深夜で緊急手術をしてしまえば、それだけで多額の出費が予想されます。

 

このように、起きてしまったことによってどのように対応するのかは、その場面になってしまった場合でなければ最善の選択をしなければなりません。生きていれば、必ず予期しないことが起こりえます。

 

先ほど例示したように、家族が急に倒れてしまった場合や震災などによって起きた事故から、同僚の結婚式などのめでたい出来事まで、さまざなシーンで予期せぬ出費が必要になります。これらの特徴は、今すぐにお金を用意しなければならないという緊急性があることです。

 

もちろん、毎月の給与から積立や、まとまったお金を定期預金で運用していれば、そのお金を切り崩すことが出来ます。

 

しかし、いくらネットバンキングが用意されていても、ほとんど、積立や定期預金は金融機関での所定の時間帯でなければ、すぐにお金を用意できません。月曜日が祝日の場合、金曜の深夜から火曜日の朝まで待たなければ、貯蓄している財産を引き出すことすらできません。

 

このような自由にお金を切り崩しにくい積立や定期預金が多い場合に役立つものがカードローンです。

 

ローンは借金の一種であるため、現金主義の方には敬遠されてしまう傾向にありますが、カードローンを持つことは必要な時だけ使用するという考えで利用すれば、カードローン専用のカードを持つ意味は大きく変わります。

 

カードローンを契約する場合の利点と確認すべき点

 

ローンと言えば、住宅ローンなど多額の資金を必要とする場合、必要な書類を銀行などのカウンターに提示してから契約書類を書く、それから融資を実行する…そのようなイメージをされる方も多いと思いますが、カードローンは契約をして審査に通ってしまえば、限度額は設定されるものの、特にお金の使い道に関しては制約はありません。

 

つまり、限度額以内であれば、その都度契約をすることがなく、自由にお金を使えます。このような性質がカードローンにあるため、自然災害など予測不能な状態になってしまい、避難など備蓄していないものを購入するといった理由によって出費がかさんでしまうと、ATMやCDが使える状態であれば、お金を簡単に借りられます。

 

よって、カードを財布に入れておいて、使いたいときにATMで借り入れをすればいいと考える方も多いと思います。しかし、そのような使い方をすると、人によっては、「いつでもお金を引き出せる」という点に目が行ってしまい、肝心なことを忘れてしまう場合があります。

 

これは、カードローン=銀行にある自分で使える預金 という間違った考えで、自制心を失い、散財してしまう場合があります。このことを忘れてしまうと、カードローンの限度額まで一気に引き出して、まだ壊れていない家電製品を買ってしまったり、ギャンブルで元を取ってやる、という本来の目的以外で簡単に借金を重ねてしまう人もいます。後で気づけば、利息の支払いに苦しんでしまっている人もいます。

 

特に、パチンコや競馬など、ギャンブルという世界に身を置く人がカードでお金を使ってしまうと、一気にその日暮らすこともできないくらいの問題が発生してしまう原因になります。

 

カードローンは給料日までのつなぎなど、使用する目的をきっぱり決めてから契約するということを常に頭の中に入れておく必要がありいます。

 

カードローンを使う状況を判断する必要性を検討しましょう

 

先ほどはカードローンは計画的に利用することを前提にして使わないと、後々苦しい思いをしてしまう人がいることを述べました。

 

しかし、計画的に使い、返済していくという本来の趣旨で使う場合は、便利なツールの一つとなります。現金があれば、クレジットカードでの決済が使えない状況でも支払いができる大きな利点になります。

 

カードローンをうまく使うコツですが、まずは使い道を限定することで使い過ぎないということです。炊飯器などの生活家電や、食費など生活していく上で必要なものをリストアップしてから、今お金を借りてまで買う必要があるかを慎重に判断しましょう。

 

このように、慎重に判断して使うのがカードローンの使い方です。カードローン地獄に陥らないためにも、優先順位を考えてからATMやCDで引き出しましょう。

人気キャッシングTOP3

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→人気カードローン10社はこちら