銀行でカードローンを発行する方法

銀行にお金を借りるときは、住宅ローンやマイカーローンなど『金銭消費貸借契約書』の契約を交わしてから始めるローンをイメージするかと思います。

 

しかし、時代の流れとともに、銀行でもカードローンを発行するようになりました。その証拠に、テレビコマーシャルでも、銀行が発行するカードローンを見かけることも多いでしょう。

 

このように銀行でカードローンを発行し、お金を借りることができるようになった時代、実際にカードローンを発行する場合、カードローンを発行する銀行に口座を開設する必要はあるのでしょうか。

 

口座の開設は強制ではありません(一部を除く)

 

銀行がカードローンを発行する場合、必ずその銀行に口座を開設する必要はありません。やはり、銀行側も多くの利用者を確保したいという理由から、返済の引き落としも他行の口座を利用するようにしているのでしょう。

 

利用者にとっては、複数の銀行口座を管理する必要がなくなり、シンプルに管理することができ便利ですよね。ただし、一部の銀行ではカードローンを発行する場合、その銀行の口座も開設する必要があるといわれています。

 

またその銀行口座を開設する必要はないが、銀行口座の指定をされる場合もあります。まずは、返済する際の口座引き落とし・振込の指定銀行についても、あらかじめ確認するようにしておきましょう。

 

しかし、このように銀行側がしていする銀行の口座を利用する場合は、特別優待条件などもあるので、デメリットばかりではありません。このようなメリットも、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

 

近年はネットバンキングも簡単に利用できるようになってきているので、カードローンを利用することを機会にネットバンキングを開設することをおすすめします。

 

そうすると、ローンの返済も自宅のPCやスマートフォンを利用して返済することができ、時間と手間が省けて返済のストレスを減らすことができるでしょう。

必要性に合わせた口座の開設がお勧め

 

複数の銀行で財産を管理したい人や、メインバンクだけで管理していきたい人など、個人の好みや得意・不得意によってわかれるでしょう。そのため、口座を新しく開設するかしないかは、本人の必要性に合わせて判断することをお勧めします。

 

またすでに利用している銀行でもカードローンを発行していることがあるので、すでに口座を開設している銀行のカードローンを利用すると新しく口座を開設する必要なく、簡単に利用できるのではないでしょうか。

おすすめキャッシング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

→おすすめのカードローン10社はこちら