審査が不安…そんな貴方はここをチェック!きっと審査に通りやすくなります!

これからカードローンの審査を受けようとお考えの方、審査に通るか心配ではありませんか?

 

カードローンの審査を受ける前にまずはどういったカードローンの審査をうけるか目的をハッキリとしましょう。

 

当サイトでは目的ごとにカードローンのスペックを比較するための情報をまとめています。審査の準備や必要書類等もガイドしているので正しいカードローン利用にお役立て下さい。

プロミス

実質年率 限度額 スピード
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
無利息融資 総合評価
最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※お申込みの時間によって、当日中のご融資ができない場合があります。

 

カードローン、どれにすればいい?あなたにピッタリのカードローンを紹介します!

●困った!今日中にお金が必要だ…
●給料日までにあと2万円あればのりきれるのに…
●いくつかの借り入れをまとめてスッキリしたい…
●もしもの時のために一枚持っておきたい
●今使っているカードより好条件のカードが欲しい

新規カードローンの契約を検討している方、借り入れ目的はそれぞれでしょう。現在カードローンサービスを提供している業者は軽く数えただけでも数10社以上。
その中から自分に合った条件のカードローンを見つけるにはどうしたら良いのでしょう?こちらではカードローン各サービスの金利や限度額などの基本スペックから、審査スピードや条件・特徴を一覧でまとめています。目的に合わせたカードローン選びに是非お役立て下さい。


 
 

 

カードローン各種の基本スペック一覧表です。匿名でできるお試し審査や仮診断などのサービスを提供している会社もあります。まずは目安として気軽に問い合わせてみてもいいでしょう。

 

サービス 実質年率 限度額 スピード 無利息 ワンポイント
プロミス

プロミス●最短即日借り入れで人気

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1 スピードと安心度で高評価


プロミス

アイフル

アイフル●融資までがとにかく早い!

4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間 キャッシングまでが早い


アイフル

アコム

アコム●初心者におすすめ!便利です!

3.0%〜18.0% 800万円 審査時間30分 あり※1 3秒診断が早くて便利


アコム

みずほ銀行カードローン●大手銀行

4.0%〜14.0% 1,000万円 最短即日 なし 高スペックと安心感


みずほ銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン●低金利

1.7%〜17.8% 最高800万円 最短即日※1 なし おまとめ・借り換え歓迎


オリックス銀行カードローン

SMBCモビット

SMBCモビット●Web完結が速くて便利!

3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし 審査・融資の早さで人気


SMBCモビット

プロミス※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

オリックス銀行カードローン※1 オリックス銀行カードローンはカード発行後、最短即日融資可能

アコム※1 はじめての方なら契約日の翌日から30日金利がかかりません

プロミス

実質年率 限度額 スピード
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
無利息融資 総合評価
最大30日間※1 95ポイント/100ポイント

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※お申込みの時間によって、当日中のご融資ができない場合があります。

 

アコム

実質年率 限度額 スピード
3.0%〜18.0% 800万円 審査時間最短30分
無利息融資 総合評価
最大30日間 94ポイント/100ポイント

 

カードローンの審査に通過するためのポイント

  • キャッシングの審査に通過することができるかどうか不安
  • どこのカードローンが自分にあっているのかわからない

 

カードローンを利用する際は、いろいろ考えることは多いですよね。審査に通る見込みのないカードローンに申し込み、審査に通らなかった場合、すぐに他のカードローンに再申し込みするのはあまりおすすめできません。

 

連続して複数のカードローンに申し込むと申し込みブラックとされ審査に通らなくなってしまいます。

 

カードローンの審査に通過するためのポイントを解説しますので、申し込みのための参考にしてみてください。

 

複数申し込みは避けるようにしましょう

 

複数申し込みは審査に落ちるもと

 

キャッシングに申し込む人の中には、キャッシングの審査に落ちてしまうとすぐに別のキャッシングに申し込んだり、また面倒からと複数のキャッシングに同時に申し込む人などがいるようです。

 

しかしこのような複数申し込みをしてしまうとそれが原因で審査に落ちてしまう可能性がありますので、複数申し込みはできるだけ控えることをおすすめしたいと思います。

 

キャッシングに申し込んで審査に落ちてしまうと、申し込みの履歴が信用情報機関に登録されることになります。

 

キャッシングを提供する金融機関では審査の際に信用情報機関に対して情報の照会を行います。

 

この時に短期間に複数の申し込みの履歴があると「お金に困っているのではないか?」と判断され、複数申し込みが原因で審査に通らなくなる「申し込みブラック」の状態になってしまうのです。

 

金融機関各社では審査の基準を非公開としているのですが、実際に申し込んだ人の結果などから判断すると、1ヵ月に4社以上の申し込みをしてしまうと申し込みブラックになってしまう可能性が高くなります。

 

キャッシングに申し込むのであれば、申し込みは多くても1ヵ月に2〜3社までにしてください。

 

またすでに複数の申し込みをしてしまったという人の場合には、申し込みの履歴が抹消される6ヶ月が経過してから申し込むようにしましょう。

 

キャッシングの審査に落ちてしまう人に共通する特徴を

キャッシングに申し込んでも審査に落ちてしまうという人には、共通する特徴があるようです。キャッシングの審査に通りにくい人に共通する特徴を、いくつかご紹介したいと思います。

 

  • 審査に通りにくい職業
  • 延滞の履歴
  • 債務整理の履歴

 

審査に通りにくい職業があります

キャッシングの審査では安定した収入の条件が重視されます。そのため不安定な職業の場合には、キャッシングの審査には通りにくくなってしまうのです。

 

  • 日雇いの仕事
  • 水商売
  • 自営業

 

などは審査に通りにくくなります。収入がが不安定だと判断されて不利になるようです。

 

延滞の履歴がある人

キャッシングの返済を延滞してしまうと、延滞の履歴が信用情報機関に登録されます。

 

延滞の履歴があるとキャッシングの審査には通らない「ブラックリスト状態」になってしまうのです。1度返済に遅れたという程度であれば、その後すぐに返済を行えば信用情報機関に延滞の履歴が登録されることはありません。

 

ただし延滞が頻繁である場合や長期間(2ヶ月以上)である場合などには、悪質だと判断されて延滞の履歴が信用情報機関に登録されることになります。

 

債務整理の履歴がある人

債務整理の履歴についても、同様に信用情報機関に登録されます。

 

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生

 

などを行った場合にはその後「ブラックリスト状態」となり、履歴が抹消されるまでの間(5年〜10年程度)は各種ローンやクレジットカードなどの利用ができなくなるのです。

 

カードローンの審査に通過するためのポイント

今回はカードローンの審査に通過するためのポイントをご紹介しました。いずれも常識的なポイントなのですが、意外と知らないという人なども多いようです。簡単にまとめてみると以下の通りとなります。

 

  • 安定した収入を得ているか
  • 複数申し込みには注意が必要
  • 延滞や債務整理の履歴があると厳しい

 

初めてカードローンに申し込む人の場合には、申し込みブラックに注意をすればそれで十分だといえるでしょう。

 

またカードローンの審査に落ちてしまう理由がわからないという人の場合には、自分でも知らないうちに金融事故の履歴などが信用情報機関に登録されている可能性があります。

 

信用情報については本人のものであれば開示を請求することができますので、一度開示請求をしてどのような情報が登録されているのか確認をしてみることをおすすめします。